この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日:2007/02/28
ゲキ売れ5
ゲキ売れ5
量販店売れ筋レポート2月号
 「財務・会計ソフトの巻」
ゲキ売れ5
ゲキ売れ5
ヨドバシ・ドット・コム
ゲキ売れ5

 ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドをふまえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。2月号の今回は、財務・会計ソフトを取り上げる。エンジニアではなく経理担当者が日常的に用いるソフトウェアだけに、財務・会計ソフトにはまずインタフェースの使いやすさが求められる。そしてもちろん、生産、販売、資産、給与などの管理システムからERPまで、広範な業務システムとの連携も重要なポイントとなる。このほか、ネットワークを用いた本社、支店間での分散処理や、バックアップ、データセキュリティなど、ビジネス用システムに要求される機能のほとんどが財務・会計ソフトには含まれると言っても過言ではないだろう。多くのベンダから幅広いラインナップが発売されている財務・会計ソフトだが、果たして量販店でゲキ売れしているのは、どういった特徴を持つ製品なのだろうか。


※表示価格は2007年2月25日現在のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。
売れ筋トレンドを読む

 財務・会計ソフトをゲキ売れ5で取り上げるのは今回で2回目。弥生、ソリマチの2強が上位を占めたのは前回同様だが、その他の顔ぶれは完全に入れ替わることになった。今回のゲキ売れ4、5に入ってきたのは2万円を切るローコストな2製品。ゲキ売れ4「わくわく財務会計」に至っては、1万円台前半という価格である。これら低価格層の製品がゲキ売れしていることは、SOHOや自営業などの小規模事務所でも会計のIT化が急速に進んでいることを伺わせる。

財務会計ソフトのゲキ売れ条件とは

 一口に財務・会計ソフトといっても、ソースネクストから発売されている超廉価製品から、エンタープライズ向けの数百万円規模まで、その価格帯は幅広い。とはいえ、今回のゲキ売れ5の顔ぶれを見ると、今売れに売れているのは10万円以下の小規模法人及び個人事業主向けの製品であり、その中核をなすのは、2〜3万円前後の汎用性の高い会計ソフトのようだ。
 今や、個人商店や製造業、飲食店にとどまらず、人材派遣からソフトウェア開発やデザイン、企画、コンサルタント、ITベンチャーまで、多岐に渡るビジネスが、中規模以下の事業所で営まれている。こうした環境のもと、財務・会計処理のニーズは増加する一方であり、そこで求められるのは小回りの効くソフトとなるだろう。そして当然、成長に合わせて経営分析やERPとの連携なども視野に入れ、将来のステップアップに応える幅広い製品ラインナップを持つ、信頼できるブランドが選ばれることになるはずだ。

業界標準の座へ着々と歩む弥生弥生会計 07 スタンダード Win

 前回8月のゲキ売れランキングでゲキ売れ1、2を独占した弥生会計が、今回もゲキ売れ1、3にスタンダードとプロフェッショナルを入れて、圧倒的な強さを見せている。市場を中小規模の法人会計に限るなら、最も多くのユーザーから選ばれている財務・会計ソフトだと言ってよいだろう。
 また注目したいのは、各社が法人向けのエントリーモデルとして発売する製品を比較したとき、「弥生会計07スタンダードWin」は最も高額な部類に属するということだ。機能性能差が、業績の向上やコストの圧縮に直接つながるとは言い難い財務・会計ソフトにおいて、高額ながらにトップを取れるという事実が、弥生ブランドの強さを如実に表している。

弥生ブランドの良きライバルとなるかソリマチ会計王 8 Win

 一貫して中小企業向けの業務ソリューションを開発、販売してきたソリマチは、財務・会計のみならず、農業、漁業の経営支援ソフトウェアなどでも特色を発揮する独自性の高い会社である。そのソリマチ「会計王 8 Win」が、前回8月のゲキ売れランキングから1つポジションを上げ、ゲキ売れ2にランクインしてきた。
 半年の間に市場動向が大きく変化したとまではいえないが、各社の財務・会計ソフトウェアラインナップ中でも廉価なエントリー製品がランキングの上位へとシフトしてきている傾向は確かにある。それが「会計王」の今回のランクアップの一因になっていると考えるのは間違いではないだろう。
 ここからは、完全に憶測になってしまうが、この変化の背景には、これまで手書きの帳簿で会計を行ってきた中小の事業所の、電子会計への移行の本格化があるように思われる。もしも、PCによる財務会計が中小企業にも一気に普及していく流れがあるならば、エンジニア不在の事業所でも使いこなせるソフトづくりを看板にしてきたソリマチが、今後さらなる強さを発揮してゆく可能性も大いにある。

経営分析など法人向け機能を強化弥生弥生会計 07 プロフェッショナル Win

 ゲキ売れ3にランクインしたのは、弥生会計のプロフェッショナル版である。スタンダード版との違いは、部門管理や経営分析機能の利用、キャッシュフロー計算書の出力などができる点。ターゲットを完全に法人に絞った本製品がゲキ売れ3にランクインする事実は、ビジネスユーザーの量販店利用が着実に増えていることを実感させる。
 販売管理、給与管理、顧客管理など、幅広い業務ソフトのラインナップを揃えた弥生ブランドは、従業員数百人規模の企業における基幹業務のアウトソース先として、量販店の棚に並ぶパッケージソフトという選択肢を新しく作り出してしまったと言えそうだ。事実、同社ウェブサイトの導入事例でも、複数パッケージを同時導入する従業員100人以上の企業が少なからず登場している。従来なら受託開発に頼っていた領域に、共通のプラットホームとしての機能を提供しつつある弥生製品。その成長はまだまだ始まったばかりなのかもしれない。

大番頭の系譜を継ぐ知る人ぞ知るダークホースピクシス情報技術研究所わくわく財務会計2スタンダード WIN版

 ピクシス情報技術研究所と聞いて、すぐに「ああ、あの会社か」と分かる方は少ないのではないだろうか。実際、ゲキ売れ取材班もヨドバシ・ドット・コム担当者から資料をいただいた時点では、すぐに思い出すことはできなかった。しかし、「大番頭」「小番頭」の名前になら聞き覚えがある方も多いはずだ。PC上で稼働する財務・会計ソフ

 
ゲキ売れ5
1月1日〜1月31日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店及びヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「財務・会計ソフト」上位5製品はこれだ!(情報提供:ヨドバシカメラ)

※表示価格は2007年2月25日時点のものであり、変更の可能性があります。
ゲキ売れ1  弥生会計 07
 スタンダード Win
弥生会計 07
■メーカー:弥生
■価格:33,580円 (2007年2月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ2  会計王 8 Win
会計王 8 Win
■メーカー:ソリマチ
■価格:23,800円 (2007年2月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ3  弥生会計 07
 プロフェッショナル Win
弥生会計 07
■メーカー:弥生
■価格:67,580円 (2007年2月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ4  わくわく財務会計 2
 スタンダード WIN版
わくわく財務会計 2
■メーカー:ピクシス情報技術研究所
■価格:12,390円 (2007年2月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ5  ミロクのかんたん!
 会計 (MJS版)
ミロクのかんたん!
■メーカー:ミロク情報サービス
■価格:19,800円 (2007年2月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 

トのさきがけとして一時代を築いた「大番頭」。その開発会社であったミルキーウェイ社は、その後米国インテュイット社に変わり、さらにインテュイット日本法人は独立して弥生株式会社となった。一方、ピクシス情報技術研究所は、ミルキーウェイ社がインテュイット社に変わる際に「大番頭」開発責任者が独立して作った会社なのである。
 こうした歴史的経緯から、ピクシスの「わくわく財務会計2」は、PC-DOSの世界で一時代を築いた「大番頭」シリーズの系譜を引き継ぐ、由緒正しい財務・会計ソフトなのである。もちろん、こうした経緯を知ってユーザーが購入しているわけではないだろうが、見事ゲキ売れ4にランクインしてきた実力を見ると、ピクシスが弥生ブランドに対する強力な刺客として今後飛躍する可能性を考えてしまうのだ。

電子会計ソリューション老舗のシンプル会計ソフト ミロク情報サービスミロクのかんたん!会計(MJS版)

 ミロク情報サービス(MJS)は、オフコン時代から電算会計サービスで一定のシェアを維持してきた会社だが、そのミロクが中小規模の事業所向け財務・会計パッケージソフトに進出したのは2年前。会計事務所を含む多くの企業に電算会計処理サービスを提供してきた同社が、パッケージソフト市場へ乗り出してきた背景には、中小企業及び中堅企業における業務のIT化で、新しい市場が生まれるとの認識があったと考えられる。また創業より財務会計一筋の同社だけに、発売から2年少々ながら「ミロクのかんたん!」シリーズのブランド認知度も相当なものがあるはずだ。
 中小企業向けソリューション専門のソリマチ、PC上での財務・会計ソフトに端を発する弥生とピクシス、そしてオフコン時代から電算会計処理を提供してきたミロク、それぞれ異なる歴史を持つ各社が、同じ中小法人向けの会計パッケージソフトの市場で鎬を削っている状況からは、この市場の将来性の高さと、その競争の激しさが浮かび上がってくる。

ヨドバシ・ドット・コムで財務・会計ソフトを見る

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

会計ソフト/財務・会計ソフトの巻(2月号)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

会計ソフト」関連の製品

楽楽精算 【ラクス】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】
会計システム グループウェア 会計システム
交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。

会計ソフト」関連の特集


量販店で売れている人気製品はどれ?今月は「会計・財務ソフト」の年間ベストセラーを調査!



人材難の中小企業にとってすべてを自社で処理するのは難しい。そこで注目されるのが税理士など外部の専門家…



 前回はデスクトップ仮想化において、スケジュール検索による負荷増大の問題点や、サーバとデスクトップ仮…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会計ソフト/財務・会計ソフトの巻(2月号)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「会計ソフト/財務・会計ソフトの巻(2月号)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002124


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ