この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「企業内情報共有 掲載日:2007/01/25

Web2.0時代の「企業内情報共有」



 2006年のIT業界のトレンドを振り返る際、Web2.0というキーワードの登場と認知の急速な広がりを外して考えることはできないだろう。Google mapsやYouTubeといった新たなサービスが耳目を集め、ビジネスパーソンだけでなく一般のコンシューマにも「Webの世界で新しいことが起こっている」という見方が広がったが、対コンシューマ向けのビジネス以外には「Web2.0は利益を生まないのでは」と見る向きも多いのではないだろうか。しかし、Web2.0的な技術・ツールは着実に企業内に入り込みつつある。本稿では、Web2.0的な技術・ツールの活用によって企業内のコラボレーションのあり方が今後どのように変わるかを展望したい。 Web2.0時代の「企業内情報共有」



 A N A L Y S T アナリストファイル #015
 株式会社 野村総合研究所
株式会社 野村総合研究所 亀津 敦 (Atsushi Kametsu)
情報技術本部 情報技術調査室
亀津 敦 (Atsushi Kametsu)
1996年東京大学経済学部卒業後、精密機器メーカーの情報システム部門・経営企画部門勤務を経て、2000年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト集団に所属。専門は、情報系システム全般(主にEIPやナレッジマネジメント)と、ユビキタス・ネットワーク技術の知識分野への応用など。


時系列的に読み解くWeb2.0


 そもそも、Web2.0というキーワードはいったい何を指すものだろうか?今のところ、様々な技術やサービスが“Web2.0的”であると言われ、厳密な定義がないのが実状だ。 Web2.0というキーワードを2004年に世に送り出した米国のオライリーメディアの創設者、Tim O'Reilly氏の論文”What is Web2.0”でも、Web2.0的な現象が列挙されるに留まっている。そのため、人によって解釈が異なったり、何でも「2.0」をつけて目新しさを売り込んだりする過熱ぶりも出てきた。その結果、「Web2.0は単なるバズワード(一時の流行の言葉)ではないのか」と疑問が呈されることも多くなってきた。
 そこで、厳密な定義ではなく、Web2.0の特徴をとらえ、何がエンタープライズシステムへインパクトをもたらすかを明らかにするために、Web2.0という概念がどのような経緯・背景を持って登場してきたのかを時系列的に振り返ってみよう。

1)Web2.0への胎動とコンシューマ主導メディアの登場

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

企業内情報共有/Web2.0時代の「企業内情報共有」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「企業内情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

企業内情報共有」関連の特集


導入が進んで久しいグループウェア。ワークスタイルの変化を受けて、ユーザからは新たなニーズが出てきてい…



文書管理ツール、うまく利用できていますか?「コレは使える!」という新しい機能や様々なニーズに対する提…



メールやスケジュール管理など、日常業務に不可欠なグループウェア。今回はシステムの基本と、話題のGoo…


「その他情報共有システム関連」関連の製品

iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」 【ソフトバンク コマース&サービス】 動画ソリューション PIP-Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。 PowerPointで作成したプレゼンテーション画面に、音声合成で商品やサービスの説明を行う3Dアバターを組み合わせて、訴求力の高い動画コンテンツを作成できる。 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか

「その他情報共有システム関連」関連の特集


 ここでは中小企業のソーシャルメディアマーケティング実践の際に考えなければならないポイントをご紹介し…



今回、訪問したのは全世界に350以上の拠点を持つ世界有数の事業用不動産サービス会社であるCBREの東…



グループウェアに備わる会議室予約機能とは一味違う。専用端末を使って人感センサーからログ分析までを可能…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

企業内情報共有/Web2.0時代の「企業内情報共有」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「企業内情報共有/Web2.0時代の「企業内情報共有」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002108


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ