その文書、危険かも?エムドロッパーとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


5分でわかる最新キーワード解説
今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2007/02/07
エムドロッパー(Mdropper)

 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を早めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマはエムドロッパー(Mdropper)。日常業務で誰もが使う、WordやPowerPointなどの脆弱性を悪用して、企業の情報セキュリティを脅かすウイルスです。毎日、なんの疑問もなくメールに添付してやり取りしている文書ファイルにも、危険が潜んでいるかもしれません!

エムドロッパーとは
エムドロッパーとは

 エムドロッパー(Mdropper)とは、シマンテックでの正式名称を「Trojan.Mdropper」といい、業務で使うアプリケーション、特にシェアの高いMicrosoft社のWord、Excel、PowerPoint、Accessなどの脆弱性を悪用して、侵入先のコンピュータに有害なファイルを投下するウイルス。2005年の春ごろから登場し、現在もまだ亜種の発見が相次いでいる。

 エムドロッパーによる被害のプロセスは、次のとおりだ。

図1 エムドロッパーによる被害のプロセス

(1)

文書ファイルが添付されたメールが届く


図1 エムドロッパーによる被害のプロセス
(2)受け取ったユーザーがこの添付ファイルを開くと、中に埋め込まれたコードが実行され、有害なプログラム(トロイの木馬)がコンピュータ内に作成され、実行される
(3)トロイの木馬の働きによって、そのコンピュータ内の情報が攻撃者に渡される、もしくは攻撃者にコンピュータをコントロールされてしまう


 日常、誰もが何の疑いもなく使っているアプリケーションを、スパイウェアをコンピュータに侵入させる手段として用いるという、きわめて巧妙で悪質なウイルスだ。ユーザーは、一見したところ何の変哲もない文書ファイルを開いただけで、コンピュータ内の大切な情報が知らぬ間に盗み出されてしまうのだからたまらない。
 なお、「エムドロッパー」という名前は、最初に登場したエムドロッパーが、WordとExcelに含まれる「Microsoft Word/Excel Macro processing code for macro names length vulnerability」と呼ばれる脆弱性を悪用することから、このなかのmacroの頭文字Mを、トロイの木馬を「投下」するウイルスの総称「ドロッパー」に付けたものだという。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ

エムドロッパー/その文書、危険かも?エムドロッパーとは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「エムドロッパー」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか

「アンチウイルス」関連の特集


 2009年に入って感染被害報告数が増加している不正プログラムの中で、前回は「WORM_DOWNAD…



 国内市場の飽和により海外に活路を見出す企業が増え、国際会計基準の導入にともなう自社所有の不動産圧縮…



気がつかぬ間に企業システムに忍び込み、情報を盗み出す脅威が増殖中。複合的な攻撃を行うウイルスの実態に…


「アンチウイルス」関連のセミナー

【徹底解説】McAfeeの次世代エンドポイントセキュリティの全貌 【テクマトリックス/マカフィー】 注目 

開催日 4月18日(火),5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー犯罪の市場規模は今や約100兆円とも言われており、世界中で1日に数十万個のマルウェアが新たに出現しているというデータもあります。このような状況の中、被害…

リアルに考える、サイバーセキュリティーでいまやるべきこと 【NANAROQ/テクマトリックス/EMCジャパン】 注目 

開催日 6月2日(金),6月7日(水),6月9日(金),6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のテクノロジーを使って攻撃の検知や防御を行うことは重要です。しかし、そのセキュリティをすり抜けて、検知すらできない攻撃は後を絶ちません。1通のメールから重大…

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 5月25日(木),6月22日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

エムドロッパー/その文書、危険かも?エムドロッパーとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「エムドロッパー/その文書、危険かも?エムドロッパーとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002097


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ