これさえ読めばスグできる!BI導入講座!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
導入前には何をする?「BI 掲載日:2007/03/26

ビジネスインテリジェンス(BI)



1:基礎講座 2:選び方講座 3:できる!BI導入講座
1
ビジネスインテリジェンスとは
2
BIツールの機能
1
BIツールの選び方
2
製品カタログ
1
BIツールとBI
2
中堅・中小企業がBI導入時に考えなければならないこと
 
INDEX


できる!BI導入講座
導入前には何をする?
できる!BI導入講座

 BIをよりうまく活用するためにはどのようなことに注意すればよいのか。特に中堅・中小企業においては、どういった面に注意して、自社に合う製品を選んでいけば良いのか。本当に活用できるBIを実現するための方策について、アイエイエフコンサルティング マーケティング部マーケティングディレクターの平井明夫氏に話を伺った。 ビジネスインテリジェンス(BI)

1 

BIツールとBI


 現在のBIツールが「BI=ホワイトカラーの生産性を向上するためのプロセスであり環境」ととらえられるようになった背景について説明したい。「BI」という言葉が誕生する前から、企業においては、ごく一部のパワーユーザーがOLAP分析などを行ってきた。まだ「DSS:意思決定支援システム」という名前で呼ばれていた時代である。90年代後半にはクライアント/サーバ(C/S)の時代となり、DWHが盛んに構築されるようになった。その頃からDSSではなくBIと呼ばれるようになった。これまでの主流ツールであるOLAPに、クエリツールが加わった。
 2000年代に入り、「BI」という言葉も普及。そして同時にITアーキテクチャもC/SシステムからWebベースへと移行した。それを機に、先述したように「BIはホワイトカラーの生産性向上のためのツール」という概念が定着し、全社員が知的武装するため、レポーティングツールの導入が盛んに行われるようになったのである。これまで一部のパワーユーザーにしか使われてこなかったBIが、全社員を対象とすることで数十人から数百、数千のユーザー数に増加しているのである。つまりこのレポーティングツールの導入こそが、BI市場の成長を支えているのだ。
図1 BIツールの発展経緯
図1 BIツールの発展経緯

 このような発展経緯から、現在、「BIツール」というとレポーティングツールを指すようになったのだが、企業がBIを実現するには、この発展経緯から考えると、必ずしも「BIツール」が必要というわけではないことがわかるだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/触って試す!ビジネスインテリジェンス講座」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

データ分析ソリューション(NECの提供するデータサイエンス) 【NEC】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
データ分析ソリューション BI BI
NECの専門部隊による的確なビッグデータ分析を実施し、有用な情報活用を支援するソリューション。売上拡大・コスト削減へ貢献し、新たなビジネス価値を創出する。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

BI」関連の特集


セルフサービスBIは、従来のBIツールやExcelと比べて何を得意としているのか? 4つのポイントに…



 はじめまして。このたびは数多くのコラムの中で私のコラムにお越しいただき、大変ありがとうございます。…



毎日グループウェアを使う中で「こんなことができたらもっと便利なのに…」と思っていませんか?次は何がで…


BI」関連のセミナー

第78回事例研究フォーラム 【TOMAシステムコンサルタンツ/サイボウズ/アイエルアイ総合研究所】  

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

Tableau japan社の「Tableau」の使い方とは? 【ランドスケイプ/タブロージャパン】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

営業現場が受注につながりやすい商談を積み重ねること。 なぜ、実現が難しいのでしょうか?今回のセミナーの目的は、この解決につながる「糸口」を見つけることです。1)…

2時間で覚えるBIツール!QlikView無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 1月16日(火),1月30日(火),2月13日(火),3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

QlikViewは多彩なユーザーインターフェースと連想技術により、現場のビジネスユーザーが社内外のデータをご自身で分析を行うためのセルフサービスBIツールです。…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/触って試す!ビジネスインテリジェンス講座」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/触って試す!ビジネスインテリジェンス講座」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002088


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ