この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「IPセントレックス 掲載日:2007/03/05

IPセントレックス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
IPセントレックスの基本
2
「モバイル端末」「アプリケーション連携」・・・再び注目を浴びるIPセントレックス
1
IPセントレックス導入前にこれだけはチェック
2
IPセントレックス サービスカタログ
1
IPセントレックス市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 調査会社の株式会社シード・プランニングでは、IT関連の様々なマーケットリサーチを行っている。日本のIPセントレックスに関する市場調査は数少ないが、同社の『2007年版 日本の通信産業の変化と将来展望−マーケットリサーチ(市場調査)レポート』では、個人向け/法人向けIP電話サービスの動向からSkypeやモバイルセントレックス、公衆無線LANサービスの動向、さらにはWiMAXやNGNなど次世代通信の動向に至るまでを幅広く調査した結果を載せている。この調査結果をふまえて、同社のアナリスト・広岡徹氏(エレクトロニクス・ITチーム)に、IPセントレックスの普及状況から無線IP携帯電話端末に関する動向、そして近未来の通信技術のイメージについて語ってもらった。 IPセントレックス

1 

IPセントレックス市場動向



1-1

IPセントレックスサービスの普及動向


 IPセントレックスサービスは、PBX をVoIP サーバに置き換えることで、複数拠点の機器を一括管理するサービスである。セントレックスサーバの保守・管理をキャリアにアウトソーシングすることでコスト削減メリットがあり、大手企業を中心とした導入が進んできている。
 図1に見るように、IPセントレックスの普及は漸増傾向を示している。シードプランニングではグラフに示すよりも先の予測もしているが、今後も大企業中心に堅調に増加していく傾向が大きく変わることはないと予測される。


図1 IP セントレックス市場予測
図1 IP セントレックス市場予測
資料提供:シード・プランニング

 PBXは償却期間が6年であり、耐用年数は10年といわれている。償却を迎える企業が積極的に電話のIP化を図り、IPセントレックスの導入も盛んになっている。そうしたいわば買い替え時期を迎える企業数のピークは昨年くらいだったかと思われる。
 現在までのところ、その切り替えの際には、PBXを一部残しつつ、それと連携させてIP-PBXを新規導入して自営する方式の導入例が多いようだ。日本企業は内線に独自の機能を使っている場合が多いが、ASPサービスとしてのIPセントレックスの場合は基本機能だけが標準で提供され、個別の要望には別途料金が必要となるケースが多い。したがって内線に独自機能を持たせたい企業においては、結局導入コストがかさむか、従業員の使い勝手を変えるかのどちらかになってしまう。また、PBXの耐用年数によっては、VoIPゲートウェイを利用して拠点間通信を安くするほうがコストメリットがある場合もある。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IPセントレックス/ビジネスに活かす!IPセントレックス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPセントレックス」関連情報をランダムに表示しています。

IPセントレックス」関連の特集


今回ピックアップするのはIP-PBX。インターネットのブロードバンド化が急速に進んだ結果、電話もデジ…



3連載でお伝えするIP電話特集の1回目は、音声とデータネットワークを融合させるために必要不可欠な「V…



IP-VPNと機能的には違いがなくなりつつある「広域イーサネット」。しかし、広域イーサネットの導入が…


「IP-PBX」関連の特集


モバイルとアプリケーション連携でビジネスが進化する!IPセントレックスで変わる新しいビジネスコミュニ…



IP-PBX導入の最大ネック「コスト」ハードルが下がった今、機動力を生かして音声/データ統合による業…



今回ピックアップするのはIP-PBX。インターネットのブロードバンド化が急速に進んだ結果、電話もデジ…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPセントレックス/ビジネスに活かす!IPセントレックス」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPセントレックス/ビジネスに活かす!IPセントレックス」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002079


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ