企業向けWebメールサービス,メールの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「企業向けWebメールサービス 掲載日:2007/02/19

企業向けWebメール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
企業向けWebメールのメリットとは?
2
企業向けWebメールの仕組み
1
Webメール実現のためのチェックポイント
2
Webメール製品カタログ
1
企業向けWebメールユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 基礎編で紹介したように、企業向けWebメールには数々のメリットがあり、単にわかりやすい操作性やWeb ブラウジングとの親和性という側面ばかりでなく、一般向けサービスや従来のメールシステムとは違い、セキュリティ面や運用管理面でのメリットが大きい。ここでは、タイプが異なる各種のWebメールツールのなかから、自社に最適なメールシステムの基礎になるものはどれなのか、製品選択のポイントとなる事柄を紹介していく。記事後半には主要製品のリストを掲げるので、ご覧いただきたい。 企業向けWebメール

1 

Webメール実現のためのチェックポイント



1-1

製品タイプによる選び方のポイント


 基礎編では企業向けWebメール製品にはゲートウェイ型ソフトウェア製品とアプライアンス製品の2種類があり、ゲートウェイにソフトウェアを設置して従来のメールサーバなど既存設備を活用する導入法と、メールサーバを置き換える導入法があると紹介した。以下に、ゲートウェイ型ソフトウェア製品とアプライアンス製品の選択ポイントを挙げる。


■ソフトウェア製品かアプライアンス製品かの選択

 ソフトウェア製品かアプライアンス製品かの選択ポイントは、導入や運用管理の手間/コストと製品コストの比較になろう。サーバのハードウェアに余剰があるならソフトウェア製品を導入すればよいし、そうでなければアプライアンス製品のほうが様々な面で簡単に済む。とはいえ、バージョンアップの頻度やカスタマイズの範囲や難易度の面ではソフトウェア製品のほうが若干有利な面があろう。
 また、ユーザー数が多い場合には、複数の製品により負荷分散を図る必要が出てくるケースがある。使い方によっては可用性向上のために多重化しておきたい場合もあるだろう。複数の製品を導入する場合、アプライアンスは必要に応じて製品台数を増やさなければならないが、ソフトウェア製品は、機種にもよるがユーザー数に応じたライセンス料金でサイトライセンス(マルチサーバライセンス)が得られるものがある。この場合はサーバ台数に比例してソフトウェアコストが増えることはないため、大規模な分散化、多重化には好都合だ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

企業向けWebメールサービス/仰天!企業向けWebメールはココが違う!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「企業向けWebメールサービス」関連情報をランダムに表示しています。

企業向けWebメールサービス」関連の特集


ISPの無料サービスでおなじみのWebメール。その便利さを活かしつつセキュリティ対策もバッチリの企業…



情報漏洩の大きな原因の1つ、メールの誤送信。ウッカリミスが公的な場での謝罪や補償問題にもなりかねない…



メールは意外にセキュリティの盲点となりがち。Twitter社の事業計画が漏洩した事件をもとに、メール…


「その他メール関連」関連の製品

メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】 Outlook階層型アドレス帳 【テックインフォメーションシステムズ】 メール配信システム MailPublisher Smart Edition 【エクスペリアンジャパン】
その他メール関連 その他メール関連 その他メール関連
社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 指定された書式で記述された外部アドレス帳ファイルを取り込み、該当する組織に属したユーザーをツリー状に一覧表示して、メールの宛先/CC/BCCに設定するツール。 多機能・高性能ながらもシンプルな操作性。APIによる柔軟な連携も可能。ECサイトをはじめ累計5300超の導入実績、月間配信実績51億通の国内トップシェア※のメール配信ASP。

「その他メール関連」関連の特集


巷で話題の「企業向けWEBメール」。盛りだくさんのメリットや、押さえておきたい導入方法のイロハについ…



たった一通のメール誤送信で、企業存続の危機にまで発展することもある昨今、メール誤送信防止システムのニ…



2012年には数量/金額ベースで1万7720台/236億5000万円に達すると予測される「メールセキ…


「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

企業向けWebメールサービス/仰天!企業向けWebメールはココが違う!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「企業向けWebメールサービス/仰天!企業向けWebメールはココが違う!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002072


IT・IT製品TOP > メール > その他メール関連 > その他メール関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ