どこまで使える?インクジェット複合機

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「インクジェット複合機 掲載日:2007/02/13

インクジェット複合機



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ビジネスを意識したインクジェット複合機の登場
2
ビジネス向けインクジェット複合機の機能
3
インクジェット複合機がフィットするビジネスシーン
1
インクジェット複合機の選び方
2
製品カタログ
1
インクジェット複合機がビジネスで普及した経緯と市場規模
2
インクジェット複合機の技術動向
3
インクジェット複合機の導入シーン
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ビジネス向けインクジェット複合機が注目されている。インクジェット複合機の持つ「省スペース」「低コスト」という特徴に加え、これまでインクジェットの弱点とされてきた高速化、大容量化など、ビジネスでも十分使えるように、機能が強化されてきたからだ。
安いものでは、2万円未満で導入できるビジネス向けインクジェット複合機は、果たしてビジネスでどれぐらい活用できるのか。最新インクジェット複合機の特徴、機能を説明するとともに、フィットするビジネスシーンなどについて、解説する。
インクジェット複合機

1 

ビジネスを意識したインクジェット複合機の登場


 インクジェット複合機とはプリンタ、コピー、スキャナ、(ファクス)が一体になった製品である。インクジェット方式を採用した複合機は、コンシューマ分野で伸びてきた商品であるが、最近になって「ビジネス向け」と銘打ったインクジェット複合機が各社から登場し、注目を集めている。
 ビジネスインクジェット複合機と、従来までのコンシューマ向けとの最大の違いは、PCを介さないで送信できる単独のファクス機能がついているかどうかである。コンシューマ向け市場では、あくまで複合機はプリンタの拡張版、という位置づけであるのに対し、ビジネスシーンにおける複合機は、プリンタとしてはもちろん、コピー、スキャナ、ファクスという各機能を、単機能機器と同様に使うための、工夫がされている。



1-1

ビジネスインクジェット複合機が注目される理由


 ではなぜ、今ビジネスインクジェット複合機が注目されるのか。ビジネスインクジェット複合機が注目されるのは、以下のような理由があげられる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

インクジェット複合機/どこまで使える?インクジェット複合機」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インクジェット複合機」関連情報をランダムに表示しています。

インクジェット複合機」関連の特集


2012年、105億円となったイメージスキャナ市場。モバイルユーザ向けの需要開拓が進められている同市…



「イメージスキャナ」のシェアをお届けします!フラットベッドスキャナで50.7%の圧倒的シェアを誇るベ…



業務効率化やコスト削減のためには、「複合機」の見直しを!社内環境の調査・分析から、強化されたセキュリ…


「複合機」関連の特集


顔認証、人体検知、紙文書の電子化…次々と進化する複合機の最新事情を特集しました!実際に編集部でも実験…



 前回は、日本における制度の紹介とその活用事例について述べた。最終回の今回は、具体的なデータで認証の…



2016年第3四半期におけるインクジェットプリンタの国内出荷台数は約95万台。同四半期の出荷台数が初…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

インクジェット複合機/どこまで使える?インクジェット複合機」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インクジェット複合機/どこまで使える?インクジェット複合機」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002068


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ