リストア完全密着!バックアップツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「バックアップツール 掲載日:2007/02/05

バックアアップツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
複雑化するシステム環境とバックアップ体制
2
安全・確実なリストア/リカバリのためのバックアップ方法
1
バックアップツール製品選びのポイント
2
バックアップツール 製品カタログ
1
バックアップツールユーザーの声
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 増え続けるデータ量、止められないシステム、保管しなくてはいけない過去データ。企業が取り扱う情報量とストレージは増大を続ける一方である。データやシステムのバックアップの重要性は従来よりも大きくなると同時に、リストアやシステムリカバリの効率性や安全性が厳しく問われるようになってきた。今回は、バックアップの技術とツールの役割を改めて整理しながら、リストアの技術と最新製品動向を紹介していく。 バックアアップツール

1 

複雑化するシステム環境とバックアップ体制


 オープンシステムの運用では、数年前まではサーバに直接テープドライブを接続し、データをテープに吸い上げる方法が行われてきた。バックアップツールはその目的を簡単に果たすために導入されてきたはずだ。ところが、別項のアンケート調査(ユーザーの声 参照)に見るように、ツールのリプレースや新規追加を検討している企業がかなりの数にのぼる。



1-1

システムの複雑化に応じて難しくなっているバックアップ運用


 既にバックアップツールは導入済みであるのに、新しく導入検討がなされる理由の1つは、企業のシステムが複雑さを増していることにある。バックアップすべきデータは増え、対象とするサーバの数も増えている。 NASやSANの導入が進んでいる一方、旧来のストレージ環境と混在しながら運用管理している場合も多い。
 システム環境が複雑化してくるにつれ、バックアップの運用管理はどんどん難しくなっている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/リストア完全密着!バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

バックアップツール」関連の特集


増加する企業データに対応し、効率化を実現するバックアップツール。その導入状況から各種機能、注目の技術…



「えっ、ウソ…消えてる」誤操作にHDD破損などで突然データが消失。そんな時やりがちな“あの行動”が被…



策定したBCPは東日本大震災でも想定通りに機能したか?震災で得た教訓は?震災発生前にBCPを策定して…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/リストア完全密着!バックアップツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/リストア完全密着!バックアップツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002065


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ