この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「スパム対策 掲載日:2007/01/15

スパム対策ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
スパムメールとは
2
スパムメール対策の技術とツール
1
スパム対策ツールの選び方のポイント
2
スパム対策ツールカタログ
1
スパム対策ツールユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 基礎編では、最新のスパムメールの動向と、それに対抗する最新ツール及びサービスについて紹介した。ここでは、スパム対策ツールまたはサービスの導入をお考えの方のために、製品選びのポイントを紹介していく。また、記事後半では、主なスパム対策ツールをカタログ形式でリストアップするので、参考にしてほしい。また「ユーザーの声」ではスパム対策ツールに関する会員アンケートの結果を掲載しているので、合わせてご覧いただきたい。 スパム対策ツール

1 

スパム対策ツールの選び方のポイント



1-1

スパム対策のみを行うのか、メールセキュリティ全体を改善するのか


 既存のセキュリティ設備で不足しているスパム対策だけを行いたいのか、それともメールセキュリティ全般を考え直したいのかにより、選択する製品が違う。また、既にコンテンツフィルタリングを行っているが、その性能が十分でない場合や、IPアドレスフィルタリングにより一定のスパムメール削減はできているが、さらに精度を上げるためにコンテンツフィルタリングを行いたい場合には、不足する機能だけを追加すればよい。それら多くはソフトウェア製品の追加導入になると思われる。
 ただし、ソフトウェアを追加するということは、設定やメンテナンスの対象を増やすということでもある。運用管理の負荷を考えると、各種対策を集約しているアプライアンス製品への切り替えや、アウトソーシング、ASPサービスの利用も選択肢として含めるべきかもしれない。またゲートウェイでのウイルスチェックが組み合わされなければメールセキュリティとしては不十分なので、複合的な機能を備えるアプライアンス製品は利用しやすいはずだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スパム対策/1年後には6倍に!?急増スパムに対策を!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スパム対策」関連情報をランダムに表示しています。

スパム対策」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 Microsoft Exchange Online 【ソフトバンク コマース&サービス】 Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】
メールセキュリティ 電子メール メールセキュリティ
送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
Microsoft Exchange Serverの機能をクラウドベースのサービスとして提供するホスト型のメッセージングソリューション。 迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。

スパム対策」関連の特集


脅威の高度化により侵入を前提とした対策が求められている。とはいえ境界セキュリティをおろそかにしてよい…



企業のインフラを圧迫する“悪の権化”スパムメールを排除できるスパム対策ツール。スパム撲滅に立ち向かう…



年々深刻さを増すスパムメール。厄介な相手とは早めに縁を切りましょう!「スパム対策ツール」の概要をアニ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スパム対策/1年後には6倍に!?急増スパムに対策を!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スパム対策/1年後には6倍に!?急増スパムに対策を!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002057


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ