光が運ぶ次世代の波〜通信ケーブルの未来

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語
光が運ぶ次世代の波、通信ケーブルの未来

 LANケーブルや電話線などメタルケーブルを中心にお伝えした昔編を受け、今編では普及が進みつつある光ファイバケーブルを中心に、光通信の基礎知識から次世代を担う通信ケーブル最新動向までを取り上げる。光ファイバの全国敷設が国策で進められていることからも、今後はメタルケーブルに代わって光ファイバが当たり前の時代になる日もそう遠くないはずだ。そんな光ファイバの基本的な構造などを詳しく学んでいこう。



昔編
今編
 光が運ぶ次世代の波、通信ケーブルの未来

  掲載日:2006/11/28
今昔物語年表〜通信ケーブルの巻〜

 FTTHが身近に普及してきたのは最近のことだが、光ファイバケーブルの歴史は意外と古く、その製造が始まったのは1974年のこと。1985年には日本縦貫「光ファイバケーブル電送路」が完成し、さらに1988年には大西洋横断の海底光ファイバケーブルも敷設されている。一方、イーサネットのギガビット化に合わせて10Gbps対応のカテゴリ6が制定されたのは2002年のことであった。その後もイーサネットの高速化は進んでいて、2006年にはカテゴリ6a/7が制定されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

通信ケーブル/光が運ぶ次世代の波〜通信ケーブルの未来」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「通信ケーブル」関連情報をランダムに表示しています。

通信ケーブル」関連の特集


省エネ化が騒がれる昨今…データセンタも例外ではありません。空調や給電方式の工夫など、最新事情盛りだく…



PCなどあらゆる電子機器から絶えず放出されている電磁波。実はここから情報が盗まれる可能性が!なんと電…



なぜ今、「磁気テープ」が復権しつつあるのか…。HDDにその地位を奪われたかに見えたものの、データ量が…


「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

通信ケーブル/光が運ぶ次世代の波〜通信ケーブルの未来」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「通信ケーブル/光が運ぶ次世代の波〜通信ケーブルの未来」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002013


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ