メタル魂は明治より続く〜通信ケーブル誕生

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語
メタルが支えた通信ケーブル黎明期

 データ伝送に欠かすことのできない通信ケーブル。昨今では無線LANによるデータ伝送も可能となっているものの、ネットワークを構成する重要な要素であることは間違いない。今回のネットワーク今昔物語は、この通信ケーブルの歴史を振り返りながら、近未来の通信インフラを見通すための知識をお届けする。通信ケーブルはメタルケーブルと光ケーブルに大別することができるが、今回の昔編では、LANケーブルや電話線などメタルケーブルを中心に通信ケーブルの基礎知識から海底ケーブルの歴史までを振り返っていく。



昔編
 メタルが支えた通信ケーブル黎明期

  掲載日:2006/11/14
今編
今昔物語年表〜通信ケーブルの巻〜

 国内で通信ケーブルが使用されるようになったのは、明治2年(1869年)に東京・横浜で電報の取り扱いが開始されてからのこと。そのわずか2年後には長崎〜上海、長崎〜ウラジオストック間に海底通信ケーブルが敷設された。一方、LANケーブルはイーサネットの普及とともに広く使われるようになったが、イーサネットの最初の規格である10BASE5と次の10BASE2までは同軸ケーブルが使用されていた。扱いやすいUTPケーブルが使われるようになったのは1990年の10BASE-T規格化以降である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

通信ケーブル/メタル魂は明治より続く〜通信ケーブル誕生」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「通信ケーブル」関連情報をランダムに表示しています。

通信ケーブル」関連の特集


Googleが210億円を投資したというニュースも記憶に新しいデータセンタ。ユーザ企業高まる要求に応…



 前回はデータセンター選定のポイントとして、設備と運営体制について記述をしました。今回はネットワーク…



世界で初めて、25Gbpsの高速データ通信に成功した量子ドットレーザーを徹底解説!次世代高速データ通…


「その他ネットワーク関連」関連の特集


ネットワークの高速化は、競合規格を駆逐した"イーサネット”の歴史。そんなイーサネットの高速化技術の変…



普通のシングルコア、シングルモード光ファイバーで10倍の速度向上を実現する「帯域ダブラ」。高速化の最…



現行の光ファイバを使いながら簡単な設備で高速かつ信頼性の高い通信が行える技術を紹介。これで100Tb…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

通信ケーブル/メタル魂は明治より続く〜通信ケーブル誕生」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「通信ケーブル/メタル魂は明治より続く〜通信ケーブル誕生」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002012


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ