この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日:2006/11/22
ゲキ売れ5
ゲキ売れ5
量販店売れ筋レポート11月号
「液晶ディスプレイの巻」
ゲキ売れ5
ゲキ売れ5
ヨドバシ・ドット・コム
ゲキ売れ5

 ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。今回取り上げるのは、液晶ディスプレイである。コンピュータ用のディスプレイがCRTから液晶へと大きく変化してきたのはご存知のとおり。液晶ディスプレイは、ノートパソコンのディスプレイとしてまず一般化し、その後、画素の応答速度向上などの技術的な進歩によりテレビにも採用されるようになってきた。この液晶テレビ普及が契機となり、デスクトップPCのディスプレイも一斉に液晶へと置き換わった結果、市場に流通するPC用ディスプレイのほとんどを液晶が占めるようになってしまった。このような状況の中、量販店のゲキ売れ液晶ディスプレイとは、いったいどのような製品なのだろうか。


※表示価格は2006年11月17日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。
売れ筋トレンドを読む

 今回のゲキ売れ5算出に当たっての条件は、液晶を使ったディスプレイであることのみで、画面サイズなどでの制限は一切行っていないのだが、17インチと19インチのSXGAディスプレイが勢ぞろいする結果となった。DTPやHDビデオ編集などのグラフィック用途を除けば、オフィスで求められるベストサイズがこのあたりなのだろう。機能にはほとんど違いはないが、一昔前までならディスプレイといえばアナログRGB(D-Sub15ピン)で決まりだったが、現在はデジタルRGB(DVI-D24ピン)を搭載している機種も増えてきている。

ツヤ消しとツヤあり液晶ディスプレイは大きく2つに分かれる

 液晶ディスプレイには、低コストで応答速度の速いTN方式、応答速度は劣るが視野角が広くコントラストの高いVA方式、コントラストと階調表現に優れ、視野角も広いIPS方式などがある。とはいえ、オフィスで使用するPC用のディスプレイとしては、明るさやコントラストはどれも十分だし、座っての使用に視野角が要求されることもないはずだ。したがって、ディスプレイとしての基本性能は、どれを選んでもビジネス用として不足はないといえるだろう。
 性能差とは別に、液晶ディスプレイは、その用途に合わせて大きく2つに分類することができ、その違いはディスプレイ表面の仕上げにある。テレビ的な使い方も想定した製品では、黒の締りを向上させるために表面が光沢あるツヤありになっており、その逆にPCディスプレイとして比較的近い距離で使用するいわゆるPC用のディスプレイではツヤ消しになっている。後者がツヤ消しになっている理由は映り込みの防止にある。オフィスなどの環境で、ツヤありは天井の照明等が映り込んでしまって、見づらくなってしまうからだ。

PCディスプレイの老舗ブランドの標準17インチ三菱電機RDT1713VM

 CRT時代にはダイヤモンドトロンの名で知られた三菱電機が、ダイヤモンドクリスタという名前で、液晶ディスプレイでも定評を得ている。黒の締りのよさで知られてきた三菱のディスプレイだが、本製品も500:1の高コントラスト比を実現しており、ビジネス文書だけでなく、写真や動画の表示にも満足できる画質が得られそうである。また、今年の春発売の液晶ディスプレイだけに、アナログのほかに、DVIでデジタル接続することも可能。2台のPCを接続しておいて、必要に応じて切り替えて使用することもできる。機能、性能とも、極めて標準的な液晶ディスプレイとなっている本機種だが、老舗三菱の安心感と、つぼを押さえたスペックで、見事ゲキ売れ1に輝いている。

コストパフォーマンスに優れた19インチバッファローFTD-G923ADSR

 17インチと19インチの液晶ディスプレイの違いは、純粋に画面の大きさだけで、表示可能領域は同じ1280×1024(SXGA)。CRTならばマルチスキャンで、好きな解像度を選んで使用することができたが、液晶の場合は構造的に異なり、スペックより低い解像度を選択することは可能だが、その場合でもデジタルでリサイズを行うため、ぼけた表示にどうしてもなってしまう。つまり、より大きな文字で表示したいなら19インチを選ぶほうが良いが、表示領域だけの問題なら17インチのほうがコンパクトで取り回しが効くともいえるのだ。とはいえ、通常オフィスでは、複数の人が同じ端末を使うケースも多いので、より大きな表示で目に優しい19インチのディスプレイへの需要も少なからずあるだろう。
 「ここ数年間で緩やかに下降し続けてきた液晶ディスプレイの価格ですが、最近動きは止まってきています」とヨドバシ・ドット・コム担当者。デジタルのDVI入力も備えて、3万円台という本機種は、19インチディスプレイの中でもコストパフォーマンスに優れた製品である。PC周辺機器において強力なブランドとなってきたバッファローの如才ない堅実な19インチディスプレイが今回のゲキ売れ2を獲得している。

機能充実17インチのベストセラーアイ・オー・データ機器LCD-A174VB

 PC用液晶ディスプレイで高いシェアを誇るアイ・オー・データ機器が2005年11月に発売した本機種が、発売後約1年を経過してなお順調にゲキ売れを続けている。SXGA、17インチの標準的なディスプレイとして、特別に安価なわけでもない本製品だが、他メーカーと異なるポイントはその機能にある。ディスプレイの設定をPCから行うことができ、さらにネットワークからの複数ディスプレイの一元管理を実現する「DisplayManager2」、最大35w、「ECOモード」時24Wという低消費電力、盗難防止の「ケンジントンスロット」や、設定の変更を防止する「OSDロック」も備えており、ディスプレイの表示性能だけでなく活用シーンにも配慮したきめ細かい機能を提供している。単に美しく表示できればOKという個人ニーズだけでなく、オフィスや学校などのビジネスよりのニーズにも応えた結果が、息の長い売れ行きにつながっているのではないだろうか。

アナログ接続の標準17インチバッファローFTD-G722AS2

 「液晶ディスプレイなんてどれを買っても同じだ」と言ったら、当然それは嘘になる。例えば、DTPでカラーマネージメントを正確に行おうと考えるなら、AdobeRGB対応のディスプレイが要求されるが、その場合、普通の液晶ディスプレイの数倍は高価な製品を選択することになるだろう。しかし、そういった特殊なニーズがなく、ゲームや動画などが目的でないビジネス用なら、「どれも同じ」というのもまったくの間違いではない。そういえるほど、液晶ディスプレイは安くかつ安定した品質となってきている。
 そんな市場状況において、本製品は標準的なディスプレイのあり方を示しているのではないだろうか。「ECOモード」での消費電力23W、不用意な設定変更を防ぐ「OSDロック」機能、盗難防止用ホールなど標準の機能を備えて、コントラスト比500:1と鮮明な画面。普通のオフィスで使用するのに不足のないスペックを2万円台で提供する本機種は、良質な液晶ディスプレイを手ごろな価格で、というニーズにまっすぐ応えるものとなっている。

 
ゲキ売れ5
10月16日〜11月15日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店及びヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「液晶ディスプレイ」上位5製品はこれだ!(情報提供:ヨドバシカメラ)

※表示価格は2006年11月17日時点のものであり、変更の可能性があります。
ゲキ売れ1  RDT1713VM BK
 [17型 デジタル/
 アナログ接続
 液晶モニタ]
RDT1713VM BK17型 デジタル/アナログ接続液晶モニタ
■メーカー:三菱電機
■価格:32,800円 (2006年11月17日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ2  FTD-G923ADSR/BK
 [19型 デジタル/
 アナログ接続
 液晶モニタ]
FTD-G923ADSR/BK19型 デジタル/アナログ接続液晶モニタ
■メーカー:バッファロー
■価格:39,800円 (2006年11月17日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ3  LCD-A174VB
 [17型 アナログ接続
 液晶モニタ]
LCD-A174VB17型 アナログ接続液晶モニタ
■メーカー:アイ・オー・データ機器
■価格:34,800円 (2006年11月17日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ4  FTD-G722AS2/BK
 [17型アナログ接続
 液晶モニタ]
FTD-G722AS2/BK17型アナログ接続液晶モニタ
■メーカー:バッファロー
■価格:29,800円 (2006年11月17日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ5  RDT197S(BK)
 [19型 デジタル/
 アナログ接続
 液晶モニタ]
RDT197SBK19型 デジタル/アナログ接続液晶モニタ
■メーカー:三菱電機
■価格:59,800円  (2006年11月17日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 
応答速度2msコンストラスト比10001の高画質三菱電機RDT197S

 「RDT197S」は今回のゲキ売れ5の中で唯一の、ツヤありタイプのディスプレイである。光沢を持った「グレアパネル」によってより引き締まった黒、豊かな暗部階調、鮮やかな色彩を得ることができる。もちろん、その代償として映り込みの可能性があるので、周囲の環境をよく考慮してから選択するべきだろう。400cd/m2、1000:1の高輝度、高コントラストは、1人1台のPCで使用するには少々オーバースペックだから、会議室などでプロジェクタを用いるほどでもない資料の確認に適当かもしれない。通常で5ms、中間階調では2msという応答速度は極めて高速なので、動画を見るのにも最適だろう。表示の美しさに定評ある三菱電機の中位機種がゲキ売れ5に入ってきている。

他の液晶ディスプレイを見る

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

液晶ディスプレイ/液晶ディスプレイの巻 (11月号) 」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「液晶ディスプレイ」関連情報をランダムに表示しています。

液晶ディスプレイ」関連の製品

限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】
Windows
高品質CD制作のポリゴン・ピクチュアズ「高密度高速演算」環境

液晶ディスプレイ」関連の特集


仮想化の流れの中で改めてフォームファクタの中心となっている「ブレードサーバ」の今を詳しく紐解いていき…



 2016年8月2日、日本エイサーは、Windows 10 Proを搭載した2in1タブレット「Sw…



約2万円と自らの根気さえあれば手に入ると知り、挑戦を即決。3Dプリンタ組立作業に密着!そこに待ちうけ…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

液晶ディスプレイ/液晶ディスプレイの巻 (11月号) 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「液晶ディスプレイ/液晶ディスプレイの巻 (11月号) 」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002011


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ