他の企業はUPSをどう使う?ユーザーの声

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「UPS 掲載日:2006/12/25

UPS(無停電電源装置)



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
UPS最新技術
2
危機管理を有効にする電源管理の機能
1
UPSの選び方
2
製品カタログ
1
UPSに関するユーザーの声
 
INDEX


ユーザーの声
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
ユーザーの声

 2006年9月26日から10月3日にかけて、「UPS」に関するアンケートを、キーマンズネット上で実施した(有効回答数722人)。UPSで保護している機器、ユーザーが求めている電源供給時間、UPSの回路方式、必要な機能、重視ポイント、選定時のベンダ、SIerの関与などについて詳しく見ていきたい。 UPS(無停電電源装置)

1 

UPSに関するユーザーの声



1-1

UPSで保護・利用する機器はサーバ・ワークステーション


 今回のアンケートでは全体の83.4%がUPSを導入済み、6.2%が導入検討中と答えた。導入済み企業におけるサーバ・ワークステーションへのUPS設置率は97.8%である。つまりほとんどの企業では、サーバ・ワークステーションへのUPS導入は完了しているといってよい。ネットワーク機器は52.9%、ストレージは49.6%であった。
 一方、導入を予定している企業では、新しい動向が見られる。サーバのみならず、クライアントPCへの設置も検討している企業が多いということだ。導入予定の企業は100人以下の比較的小さな企業も多いので、個人のPCで情報管理が任されている状態なのかもしれない。


図1 UPSで保護・利用する機器
図1 UPSで保護・利用する機器

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

UPS/「UPS」にも及ぶシステム統合化の波」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】
ハウジング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

UPS」関連の特集


「データセンタ」を有効利用するときに役立つ基礎知識から注目サービスまで、最新事情を詳しく紹介します!



癖のある「硫黄」を使って容量3倍、次世代リチウム蓄電池



省エネ化が騒がれる昨今…データセンタも例外ではありません。空調や給電方式の工夫など、最新事情盛りだく…


UPS」関連のセミナー

ネットワールドが Nutanix の売り方、お教えします セミナー 【ネットワールド】 締切間近 

開催日 12月12日(火)   開催地 石川県   参加費 無料

“ネットワールドの販売ノウハウに加え、Nutanix.NEXT Europeからの超最新情報、InstantOn VDI for Citrix 、Microso…

ネットワールドが Nutanix の売り方、お教えします セミナー 【ネットワールド】 締切間近 

開催日 12月14日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

“ネットワールドの販売ノウハウに加え、Nutanix.NEXT Europeからの超最新情報、InstantOn VDI for Citrix 、Microso…

ネットワールドが Nutanix の売り方、お教えします セミナー 【ネットワールド】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

“ネットワールドの販売ノウハウに加え、Nutanix.NEXT Europeからの超最新情報、InstantOn VDI for Citrix 、Microso…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/「UPS」にも及ぶシステム統合化の波」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/「UPS」にも及ぶシステム統合化の波」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002004


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ