この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「UPS 掲載日:2006/12/25

UPS(無停電電源装置)



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
UPS最新技術
2
危機管理を有効にする電源管理の機能
1
UPSの選び方
2
製品カタログ
1
UPSに関するユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 UPSには給電方式や形状の違いなど、様々なタイプのものがあり、それぞれにはメリット、デメリットがある。またUPSはそれ自体、利益を生み出すものではない。しかし、導入しなければ、ビジネスリスクにつながる可能性も大きい。そこで重要になるのが、費用対効果という側面だ。ではどんな視点でUPSを選べばよいのか。そのポイントを探っていこう。 UPS(無停電電源装置)

1 

UPSの選び方



1-1

UPSの必要容量を計算する


 UPSを選ぶ際に、まず行わなければならないのが、バックアップする機器の最大定格電力値から、対応可能なUPSの容量を計算すること。計算方法は簡単だ。対象機器の電源の最大定格電力のVA値とW値を調べる。W値が分からない場合は、VA値からおおよそのW値が計算できるので、心配する必要はない。W値とVA値の関係を下の式に示す。どちらかがわからない場合は、この式に当てはめて算出する。


 W=VA×力率
 力率(りきりつ):交流電力の効率を定義した値。コンピュータ機器の場合は0.6〜0.7と定義されている

 例えば、300VAのサーバが2台と150VAのモニタをバックアップしたいのであれば、
 (300×2)×0.7 + 150×0.7 = 525W
となる。その容量を満たしたUPSが選択可能になるというわけだ。そして次に、選択可能な製品の中から電源を供給させたい時間(バックアップ時間)を選べば、具体的に製品が決まってくるのである。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/「UPS」にも及ぶシステム統合化の波」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】
ハウジング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

UPS」関連の特集


既に多くの企業で導入済みとなっているUPS。そして、現在、UPSの導入を検討するきっかけになっている…



セキュリティ意識の高まりにより、再び注目が集まっているデータセンタ。その基本的な設備と、最新動向を一…



大震災から3年、電力不安からUPSの見直しや新規導入した企業は多いが、そろそろ保証期間の終了に迫られ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/「UPS」にも及ぶシステム統合化の波」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/「UPS」にも及ぶシステム統合化の波」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002003


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ