この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「サーバ仮想化ソフト 掲載日:2006/12/18

サーバー仮想化ソフトウェア



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
サーバ仮想化を行う意義は?
2
サーバ仮想化ソフトの仕組み
1
サーバ仮想化ソフト導入の注意点
2
サーバ仮想化ソフト製品カタログ
1
サーバリソースの有効活用状況
2
サーバ仮想化ソフトの導入状況
3
サーバ仮想化ソフト導入の懸念点
 
INDEX


ユーザーの声
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
ユーザーの声

 キーマンズネットでは2006年9月19日〜26日にかけて会員に向け「サーバ仮想化ソフト」に関するアンケート調査を行った。その結果、会員企業のシステムリソースはあまり有効活用されていない反面、仮想化ソフトに対する認知度、知識は非常に高いことがわかった。回答者は仮想化やリソースの活用に関して関心の高い層と考えられるが、果たして仮想化ソフトの導入割合や、導入後の満足度はどうだろうか。また導入していない場合の不安な点、導入しない理由は何だろうか。ここではアンケート結果をグラフで示しながら紹介していく。 サーバー仮想化ソフトウェア

1 

サーバリソースの有効活用状況


 アンケートは本サイト上のWebアンケートページによって行い、421名の会員から回答を得た。このうちSIerに所属する方は87名だった。アンケート項目のうちエンドユーザーに向けられた質問項目に関しては、SIerの方には顧客先の情報についてお答えいただくようお願いしている。以下に主なアンケート項目につき、結果を紹介する。


■サーバリソース有効活用ができていますか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ仮想化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ仮想化ソフト」関連の製品

ハイパーコンバージド選びで最重要なストレージ技術“3つのキーワード”は 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは? 【ヴイエムウェア株式会社】
垂直統合型システム 垂直統合型システム
サーバやストレージを1つの筐体で提供するハイパーコンバージドインフラが注目されている。どのように製品を選ぶべきか。チェックしたいのは3つのキーワードだ。 「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは?

サーバ仮想化ソフト」関連の特集


IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、そんなブレードサーバ…



サーバ仮想化を行う前に確認しておきたい事項から、実際に製品選択を行う時に気をつけたいポイントまで、ま…



出荷金額が前年比111.8%増の約21億6200万円、2008年度は51.7%増の約32億7900万…


「サーバー仮想化」関連の製品

HCI導入で殺到する質問、「バックアップはどうする?」に答える 【株式会社日立システムズ】 徹底比較で分かった、ハイパーコンバージド向け無償ハイパーバイザーの実力 【ニュータニックス・ジャパン】 ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
HCI導入で殺到する質問、「バックアップはどうする?」に答える 徹底比較で分かった、ハイパーコンバージド向け無償ハイパーバイザーの実力 ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002001


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ