この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「サーバ仮想化ソフト 掲載日:2006/12/18

サーバ仮想化ソフトウェア



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
サーバ仮想化を行う意義は?
2
サーバ仮想化ソフトの仕組み
1
サーバ仮想化ソフト導入の注意点
2
サーバ仮想化ソフト製品カタログ
1
サーバリソースの有効活用状況
2
サーバ仮想化ソフトの導入状況
3
サーバ仮想化ソフト導入の懸念点
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 基礎編では3種類の仮想化方式とツールについて紹介した。すべてソフトウェアによってサーバ仮想化を実現する方式だが、仮想化にはハードウェアによって実現する方法もあり、またサーバよりもストレージの仮想化のほうが先決だというケースもあるだろう。ここでは、どのような場合にどんな仮想化方式がふさわしいのかを考えながら、仮想化ソフトの導入にあたって注意すべきポイントと選び方を紹介する。末尾には、主な仮想化ソフトをカタログ形式で紹介するので、参考にしていただければ幸いだ。 サーバ仮想化ソフトウェア

1 

サーバ仮想化ソフト導入の注意点



1-1

ハードウェアを利用するか、ソフトウェアで行うか


 もともとコンピュータの「仮想化」はメインフレームに起源をもつ。巨大なパワーをもつメインフレームではハードウェアを多数のパーティションに区切って独立した処理を行うことができる。現在ではIBMのzシリーズを用いるメインフレームLinuxの場合、数百のOSを稼働させながら、ダイナミックなリソース最適化が行える。高性能なUNIX/Linuxサーバの場合でも、メインフレームほどには多くなくても複数のパーティションを作成して、各々独立したOSを稼働させることができる。
 またブレードサーバの場合も管理ツールにより負荷の高いアプリケーションに多くのサーバを割り当てる形でのリソース有効活用が行える。これもハードウェアを用いた一種のサーバ仮想化に違いない。
 今回はこのような仮想化の話には踏み込まないが、サーバ統合を考える際に可能な投資コストと将来的な効果とをよく考えて、ソフトウェア以外の方策をとる可能性がないかどうかを検討する必要があろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)



会員限定で「サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の続きが読めます

会員限定の「サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」(全文)では 、「サーバ仮想化ソフト」の概要や比較に便利な主要製品一覧を掲載しています。 会員登録を行い、ログインすると記事の続き(以下の内容)がご覧いただけます。

INDEX

【1】サーバ仮想化ソフト導入の注意点

1-1 ハードウェアを利用するか、ソフトウェアで行うか

1-2 多数の仮想サーバを稼働させるときライセンスはどうなる?

1-3 OSやアプリケーションのサポートはどうなる?

1-4 パフォーマンスの低下はどうか?

1-5 仮想化方式で使い道に違いはあるか?

1-6 信頼性の面は実際どうなのか

1-7 トータルコストはどの製品が有利?

1-8 無償製品での体験はお奨め

【2】サーバ仮想化ソフト製品カタログ

2-1 index

続きを読むには・・・

会員になると、「サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」 など主要製品が基礎からわかる製品購入ウラづけガイド(全文)をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ仮想化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ仮想化ソフト」関連の特集


導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…



最近SMB向け製品も登場し、ますます製品ラインナップが充実してきたブレードサーバ。基礎から最新動向ま…



突発的なアクセス急増で悲鳴を上げるサーバに、あなたは何をしてあげられる?サーバ負荷を軽減するための具…


「サーバー仮想化」関連の製品

高価なハイパーバイザーは不要 進化するHCIとハイブリッドクラウド製品 【ニュータニックス・ジャパン合同会社】 追加ライセンス料不要、“ビルトイン型”ハイパーバイザーはどこまで使える? 【ニュータニックス・ジャパン】 ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
高価なハイパーバイザーは不要 進化するHCIとハイブリッドクラウド製品 追加ライセンス料不要、“ビルトイン型”ハイパーバイザーはどこまで使える? ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。

「サーバー仮想化」関連の特集


国内大手の導入が一巡する中、中堅・中小企業にも広がりを見せているサーバ仮想化。スモールビジネスでもコ…



出荷金額が前年比111.8%増の約21億6200万円、2008年度は51.7%増の約32億7900万…



サーバ仮想化ソリューションのシェアをお届けします!2009年度、市場占有率88.7%を占め1位を獲得…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001999


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ