仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「サーバ仮想化ソフト 掲載日:2006/12/18

サーバ仮想化ソフトウェア



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
サーバ仮想化を行う意義は?
2
サーバ仮想化ソフトの仕組み
1
サーバ仮想化ソフト導入の注意点
2
サーバ仮想化ソフト製品カタログ
1
サーバリソースの有効活用状況
2
サーバ仮想化ソフトの導入状況
3
サーバ仮想化ソフト導入の懸念点
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 増え続けてきた各種のサーバにより、運用管理業務は複雑さと煩雑さを増すばかりで、乱立したサーバの統合は運用管理コスト削減の鍵となる。そこで、サーバ統合をコスト最適に実現する策として、今注目されているのがサーバ仮想化だ。今回は、さらなる高速サーバ登場を前にますます関心の高まるサーバの仮想化ソフトについて基本とその現状を紹介しよう。 サーバ仮想化ソフトウェア

1 

サーバ仮想化を行う意義は?


 サーバの仮想化を行う意義はさまざまに語られるが、大きく分ければ次の2つの目的を果たすことである。


(1) 1台のサーバで複数台分のサーバOSを起動し、各OS上でアプリケーションを利用できるようにする。それにより従来は複数台のサーバが必要だった業務が、1台のサーバでこなせるようになる。
図1-a サーバ仮想化の2つの目的
図1-a サーバ仮想化の2つの目的
資料提供:SWsoft

(2) 変化するリソース要求に柔軟に応じられるよう、1つあるいは複数のサーバがもっているリソースを必要に応じて効率よく割り振れるようにする。これまで使っていなかったCPUパワーなどの余剰リソースをできるだけ少なくし、システム投資を抑制しながら全体のパフォーマンスを維持または向上させることができる。
図1-b サーバ仮想化の2つの目的
図1-b サーバ仮想化の2つの目的
資料提供:SWsoft

 この2つを実現することで、直接的または派生的にさまざまなメリットが生まれてくる。まずはそれらを紹介していこう。



1-1

簡単に1つの物理サーバに複数のサーバを統合できる


 これまで必要に応じて、主に特定アプリケーションを実行するために導入されてきたサーバは、中堅〜大企業において乱立している。搭載するサーバOSのバージョンや種類は様々で、その上に載るアプリケーションや対応する周辺機器もバリエーションが多い。
 サーバを1台稼働させるにはサーバ費用、ネットワーク機器費用がかかるのはもちろん、ランニングコストとして電気代、保守費、さらに運用管理のための人件費がかかることになる。どこかでコスト増加に歯止めをかける必要は、どの企業でも認識されているはずだ。
 そこで複数台のサーバの機能を1台のサーバにまとめる「サーバ統合」が、運用管理コスト削減の切り札として行われている。しかし、実際には最新のサーバでは古いアプリケーションがうまく動かないケースや、旧版のOS用ドライバでなければ動作しない周辺機器があるケースなどがあり、必ずしもスムーズにサーバを統合できるとはかぎらない。そこで、1台の物理サーバで複数台分の働きをさせることができる仮想化ソフトの出番となる。
 最新のサーバ上に仮想サーバを立てるなら、仮想サーバは旧版のOSでもかまわない。周辺機器のドライバも、仮想化ソフトがそのドライバをサポートしていれば、そのまま使えることになる。開発コストや移行コストをできるだけかけず、既存のアプリケーションやOSの環境を変えずに、簡単に1つの物理サーバに複数のサーバを統合できることが第一のメリットだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ仮想化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ仮想化ソフト」関連の特集


IT担当者312人に緊急調査!導入状況、導入目的、導入しない理由は?「バックアップが不安」など不満の…



稼働するサーバ数が少ない中小企業にも“サーバ仮想化のメリット”はある!ハードの老朽化にともなうアプリ…



出荷金額が前年比111.8%増の約21億6200万円、2008年度は51.7%増の約32億7900万…


「サーバー仮想化」関連の製品

リソース管理の弱点は? 仮想化基盤の“健康診断”が必要な理由 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 仮想化基盤とリソースを一元管理「VMware vRealize Operations」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 【ネットワールド】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
目の当たりにして驚く仮想基盤の大いなる無駄と運用最適化への道 広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣

「サーバー仮想化」関連の特集


出荷金額が前年比111.8%増の約21億6200万円、2008年度は51.7%増の約32億7900万…



安定性は大丈夫?パフォーマンスは期待を裏切らない?そんな不安の声ばかり上がっていた「サーバ仮想化ソフ…



効率的なシステム運用の核となる技術、仮想化。ここではサーバ仮想化の盲点と導入成功に導くポイントをアナ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/仮想化劇場ついに開幕!サーバ仮想化ソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001998


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ