この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「PDA 掲載日:2006/12/11

PDA/スマートフォン



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
PDAとは?
2
法人向けPDAの使い方
1
PDAを企業で導入する際の注意ポイント
2
製品カタログ
1
日本におけるPDAの市場動向
2
法人市場におけるPDAの普及予測
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 2年ほど前、個人向けPDA市場からメーカーが撤退するという事態が相次ぎ、縮小傾向に向かうかに見えたPDA市場だが、ビジネス向けの市場は、着実に成長が進んでいた。そして、2005年にウィルコムがPDA機能を搭載したPHS「W-ZERO3」を市場に投入したことにより、PDA市場が再び注目を集めている。最新のPDAにはどのような機能が搭載されているのか。ビジネスシーンではどのような活用が考えられるのか。セキュリティはどうやって保つのか。モバイルPCや携帯電話など、他のモバイルツールとの機能比較なども合わせて、現在のPDAの概要と活用のメリットについて解説する。 PDA/スマートフォン

1 

PDAとは?



1-1

PDAとは?


 PDAは「Personal Digital Assistants」の略語である。この言葉からもわかるように、PDAとは個人用の携帯情報端末を意味する。スケジュールや個人情報(ToDoリスト、住所録、メモ帳など)を管理する機能を搭載しており、いわゆるシステム手帳がもつ機能をデジタル化したものである。日本で最も代表的なPDAはシャープの「Zaurus(ザウルス)」だ。最近、話題となっているウィルコムの「W-ZERO3」も、実はPDAである。
 こう書くと、「W-ZERO3はスマートフォンではないのか」という疑問を持つ読者もいるだろう。そこで、まずスマートフォンの定義について簡単に説明しよう。日本で一般的に「スマートフォン」とされている製品は、携帯電話(PHSも含む)に、いわゆるPDA機能(スケジューラやToDo、住所録、メモ帳など)を付加したものを指す場合が多い。先の「W-ZERO3」はこの代表例だ。
 しかし、そもそもスマートフォンとは、インターネット接続や電子メール機能など、いわゆる音声通信以外にデータ通信機能を装備している携帯電話を指していた。つまりiモード機能が搭載された携帯電話は、広義ではスマートフォンに含まれる。海外でスマートフォンといえば、そういった意味で語られることが多い。しかし、高機能化が進む日本の携帯電話市場では、iモードやEZwebは、もはや携帯電話の定番機能として認知されており、これらの端末を、いまさらスマートフォンと呼ぶのには違和感がある。そこで、昨年になって登場した、PDA機能を持つ携帯電話をスマートフォンと呼ぶことで、これまでの携帯電話との差別化を図っているといえる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

PDA/ビジネスに効く!気になるイマドキPDA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDA」関連情報をランダムに表示しています。

PDA」関連の特集


指紋や静脈など、本人のみが所有する“究極の個人情報”である生体情報を活用した「バイオメトリクス認証」…



鉄骨を使って通信する「エバネセント通信」。人体に影響を与えることのない電磁波で家を覆い、意外にも、理…



いよいよ地上デジタルがケータイでも受信できる時代が!1セグ放送とは携帯端末向けの地上デジタル放送のこ…


「ハンディターミナル」関連の製品

AsReader 【アスタリスク】
ハンディターミナル
iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PDA/ビジネスに効く!気になるイマドキPDA」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PDA/ビジネスに効く!気になるイマドキPDA」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001995


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > ハンディターミナル > ハンディターミナルのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ