この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「パケットキャプチャツール 掲載日:2006/11/27

パケットキャプチャツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
パケットキャプチャツールとは?
2
パケットキャプチャの仕組み
3
パケットキャプチャツールの機能いろいろ
1
選び方のポイント
2
パケットキャプチャツール カタログ
1
パケットキャプチャツールユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ソフトウェアからハードウェアまで幅広い形態があり、価格もピンからキリまであるパケットキャプチャツールだが、主に機能と価格から選び方のポイントを探ってみよう。また、後半には現在入手できる製品をカタログとして掲載した。「フィルタ機能」「ストリームビュー」など専用の用語が数多く登場し、わかりにくい印象を与えるかもしれない。しかし、多くの製品で試用版をダウンロードできるようになっているので、実際にインストールして使ってみるのがベストであろう。特に一般の管理者にとっては、使いやすく、わかりやすいという観点から選ぶのがお勧めだ。 パケットキャプチャツール

1 

選び方のポイント



1-1

どこまでキャプチャできるのか?


 パケットキャプチャツールの機能でまず重要なのは、どの程度キャプチャが可能かということだ。特にソフトウェア専用タイプでは、トラフィックの多いサーバのパケットをキャプチャする場合、大量のパケットを処理しなければならない。しかも全二重通信の場合には、送信側・受信側ともパケットを処理する必要がある。ソフトウェアを動かすハードウェアの性能(CPUの速度、メモリの量、HDDの速度など)に大きく左右されるが、ソフトウェアの性能や、専用NICを使うタイプの場合にはNICのドライバの性能の影響も大きい。キャプチャしきれなかった場合には、データをとりこぼしてしまうため、データが一部欠落した状態となってしまう。
100Mbps対応やギガビットネットワーク対応をうたっている製品で、大量にメモリを搭載し、HDDでなくすべてメモリに書き込むことが前提になっている場合もある。その場合、メモリの量からキャプチャできる時間が決定されるが、4GBのメモリを搭載していても数十秒程度しかもたないケースもあるので注意が必要だ。
 特にギガビットネットワークでのキャプチャでは、HDDの転送速度がボトルネックになり、リアルタイムですべてのパケットをキャプチャするには書き込みが追いつかない。そのため、キャプチャの段階でフィルタを効かせてキャプチャするデータをあらかじめ絞り込んだり、TCPのヘッダ部分だけをキャプチャする機能を持った製品を使う必要がある。
 それ以外でも、デュアルCPU搭載マシンにして、メモリを数十GB搭載するなどハードウェアを補強しないと大量のキャプチャはむずかしい。処理が追いつかなくなると最悪のケースではフリーズしてしまうが、ソフトウェアの中には、メモリの一部をWindowsからは見えなくしてしまうことで独占し、書き込むメモリの量を確保することで安定性をはかるものもある。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

パケットキャプチャツール/賢く選ぶ「パケットキャプチャツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パケットキャプチャツール」関連情報をランダムに表示しています。

パケットキャプチャツール」関連の特集


アドレス変換の仕組みと、それを応用した資産管理ツールを解説!資格試験で腕試しもできる、新人必見のビギ…



多様な形態で提供され、価格の幅が広くて選ぶのが難しいパケットキャプチャツール。最新機能と選び方のポイ…



遠隔地間の通信が可能な背景には、通信事業者が提供するネットワーク「WAN」がある。各種WANサービス…


「ネットワーク管理」関連の製品

Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 ネットワークパフォーマンス監視 Pluribus Networks VCFcenter 【Pluribus Networks】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 ネットワーク全体のパフォーマンスを可視化、トラブルの予兆を察知する機器など、ネットワークを監視・管理できるネットワーク パフォーマンス管理ソリューション。 ネットワークパフォーマンス監視・分析ソリューション。従来のネットワーク分析監視ソリューションに比べ、低コストでの導入が可能。

「ネットワーク管理」関連の特集


“専門家用ツール”だったのは昔の話。ネットワークの障害対策、現状把握に有効な「パケットキャプチャツー…



これまでLANアナライザは、ネットワークの障害発生時の原因究明や問題の切り分けに活用されてきた。現在…



コンピュータ同士がどのような仕組みで通信しているのか?そのための手順や約束事は何か?「通信ネットワー…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

パケットキャプチャツール/賢く選ぶ「パケットキャプチャツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「パケットキャプチャツール/賢く選ぶ「パケットキャプチャツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001990


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ