勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「アイデンティティ管理ツール 掲載日:2006/11/20

アイデンティティ管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
なぜ今、アイデンティティ管理が必要なのか
2
アイデンティティ管理ツールのあらまし
1
アイデンティティ管理ツール導入のポイント
2
アイデンティティ管理ツール・ソリューション・アプライアンス製品カタログ
1
アイデンティティ管理市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 多数のシステムを多くのユーザーが利用する企業ではユーザー管理やアクセス管理は複雑さを極める。人事異動があるたびにユーザー情報やアクセス権限設定の登録・変更・抹消をシステムごとに行う必要があるからだ。更に今後は「内部統制」の名のもとに証跡の確保をともなう厳しいID管理も求められるようになる。アイデンティティ管理はこうした運用管理負荷を低減し、かつ内部統制やセキュリティ/情報漏洩対策に寄与する仕組みとして、今ますます重要性を増している。今回はアイデンティティ管理の概要とツールの仕組みに焦点を当てて紹介しよう。 アイデンティティ管理ツール

1 

なぜ今、アイデンティティ管理が必要なのか



1-1

アイデンティティ管理とは


 「アイデンティティ」は一般には「自己同一性」と訳され、自分が自分以外の誰でもない理由といったような意味で使われる言葉だ。IT分野では、個々のシステムへのアクセス権限がシステムユーザーの1人ひとりに適切に設定されていて、それが各システムへのログインIDやパスワードなどの認証情報あるいは人事情報と矛盾することがないという、ユーザー属性とアクセス権限の一致のことを言う。
 人事異動やシステムの変更などが頻繁に生じる環境であっても、ユーザーの属性に応じたアクセス権限が常に適切に保たれることが「アイデンティティ」が保たれている状態であり、ユーザーの追加や抹消、アクセス権限の変更などを適切に行うことがアイデンティティ管理の役割だ。その実現形態のイメージを図1に掲げる。


図1 アイデンティティを最適な状態に維持する方法
図1 アイデンティティを最適な状態に維持する方法
資料提供:ノベル

 様々な人事情報は図1中央のアイデンティティ管理サーバに集められ、アクセス権限とひも付けられてIDが一元管理される。様々な業務システムの認証機能はアイデンティティ管理サーバのID情報と同期し、ユーザーの属性(部署、役職やプロジェクトといった役割など=ロール)により、適切なアクセス権限(ルール)と結び付けられ、アクセス許否を判定する。技術的な手法は製品によって違うが、IDを一元管理してロールやルールの登録、変更、抹消などの情報を、連携する複数の業務システムに速やかに反映させることができることは、すべてのアイデンティティ管理ツールに共通している。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アイデンティティ管理ツール/勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アイデンティティ管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

アイデンティティ管理ツール」関連の特集


TwitterやFacebookなど、SNS(ソーシャルネットワークサービス)の普及で投稿内容による…



“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…



過去、企業の多くが辛酸をなめたと言われるアイデンティティ管理ツールの導入。導入前に知っておくべき留意…


「ID管理」関連の製品

特権ユーザ管理ソリューション 【CA Privileged Identity Manager】 【CA Technologies】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】
ID管理 ID管理 ID管理
特権ID管理ソリューション。ゲートウェイ型/サーバー制御型の2つのアプローチにより厳格な管理を実現する。PCI DSSなどの要件に対応し、監査対応にも有効。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。

「ID管理」関連の特集


相次ぐ大規模情報漏洩事故…、ここ最近企業のセキュリティ対策を取り巻く状況は慌ただしさを増している。そ…



営業秘密の漏洩経路…50.3%が“中途退職者”という事実。複雑化した「特権ID」、見て見ぬふりしてい…



大企業や中堅企業に加え、中小企業でも利用され始めている「アイデンティティ管理」。企業ITのクラウドへ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アイデンティティ管理ツール/勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アイデンティティ管理ツール/勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001986


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ