勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「アイデンティティ管理ツール 掲載日:2006/11/20

アイデンティティ管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
なぜ今、アイデンティティ管理が必要なのか
2
アイデンティティ管理ツールのあらまし
1
アイデンティティ管理ツール導入のポイント
2
アイデンティティ管理ツール・ソリューション・アプライアンス製品カタログ
1
アイデンティティ管理市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 多数のシステムを多くのユーザーが利用する企業ではユーザー管理やアクセス管理は複雑さを極める。人事異動があるたびにユーザー情報やアクセス権限設定の登録・変更・抹消をシステムごとに行う必要があるからだ。更に今後は「内部統制」の名のもとに証跡の確保をともなう厳しいID管理も求められるようになる。アイデンティティ管理はこうした運用管理負荷を低減し、かつ内部統制やセキュリティ/情報漏洩対策に寄与する仕組みとして、今ますます重要性を増している。今回はアイデンティティ管理の概要とツールの仕組みに焦点を当てて紹介しよう。 アイデンティティ管理ツール

1 

なぜ今、アイデンティティ管理が必要なのか



1-1

アイデンティティ管理とは


 「アイデンティティ」は一般には「自己同一性」と訳され、自分が自分以外の誰でもない理由といったような意味で使われる言葉だ。IT分野では、個々のシステムへのアクセス権限がシステムユーザーの1人ひとりに適切に設定されていて、それが各システムへのログインIDやパスワードなどの認証情報あるいは人事情報と矛盾することがないという、ユーザー属性とアクセス権限の一致のことを言う。
 人事異動やシステムの変更などが頻繁に生じる環境であっても、ユーザーの属性に応じたアクセス権限が常に適切に保たれることが「アイデンティティ」が保たれている状態であり、ユーザーの追加や抹消、アクセス権限の変更などを適切に行うことがアイデンティティ管理の役割だ。その実現形態のイメージを図1に掲げる。


図1 アイデンティティを最適な状態に維持する方法
図1 アイデンティティを最適な状態に維持する方法
資料提供:ノベル

 様々な人事情報は図1中央のアイデンティティ管理サーバに集められ、アクセス権限とひも付けられてIDが一元管理される。様々な業務システムの認証機能はアイデンティティ管理サーバのID情報と同期し、ユーザーの属性(部署、役職やプロジェクトといった役割など=ロール)により、適切なアクセス権限(ルール)と結び付けられ、アクセス許否を判定する。技術的な手法は製品によって違うが、IDを一元管理してロールやルールの登録、変更、抹消などの情報を、連携する複数の業務システムに速やかに反映させることができることは、すべてのアイデンティティ管理ツールに共通している。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アイデンティティ管理ツール/勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アイデンティティ管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

アイデンティティ管理ツール」関連の特集


情報漏洩は、内部の人間による持ち出しが大半。いつ、誰が、どこに出入りしたかをしっかり記録し、確認でき…



絶対に漏洩してはいけない従業員、その家族、取引先、株主のマイナンバー情報。ではどうやって対応する?対…



今回は、表層的な利便性改善をはるかに超えるSSOの導入価値と、その仕組みを基礎からガッツリご紹介しま…


「ID管理」関連の製品

プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 Entrust Datacard -AUTHENTICATION CLOUD SERVICE 【エントラストジャパン株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理
アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる <動画で解説>増えすぎたIDはリスクとなる――脅威からシステムを守りきれ!

「ID管理」関連の特集


目くるめく人の出入り。慌しいID管理で深夜作業は当たり前?いいえ、諦めてはいけません!基礎を押さえて…



 最近のIT業界は「クラウド」の話題で持ちきりであるが、H/WやS/W、サービスがどこにあろうと、「…



2007年度の国内出荷金額は前年比28.1%増の88億円と、急速に拡大している「アイデンティティ管理…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アイデンティティ管理ツール/勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アイデンティティ管理ツール/勉強なら今だ!アイデンティティ管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001986


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ