どれくらいの企業がSOX法対策をしてる?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「SOX法対策支援ツール 掲載日:2006/11/13

SOX法対策支援ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
SOX法対策支援ツールとは
2
SOX法対策支援ツールの機能
1
SOX法対策支援ツールの選び方
2
製品カタログ
1
SOX法対策支援ツールユーザーの声
 
INDEX


ユーザーの声
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
ユーザーの声

 キーマンズネットでは、2006年9月13日〜9月26日にかけて、SOX法・内部統制対策に関するアンケートを実施した。対象はキーマンズネット会員で、回答数は1541名。このアンケート結果からその要点の一部を紹介しよう。 SOX法対策支援ツール

1 

SOX法対策支援ツールユーザーの声



1-1

内部統制に関心を持つ企業は全体の6割に!


 まず、どのくらいの企業が内部統制対策に取り組んでいるか、その状況を調べてみたところ、図1のような結果となり、「取り組んでいる」と「今後取り組む予定」を合わせると約6割に達していることがわかった。この質問と同時に取組みを開始した時期についても尋ねてみたが、その結果、「2006年4月〜9月」という本アンケート直前に開始した企業が21%で最も多く、金融商品取引法の成立(6月)が大きな動機付けになっていることがわかる。最近ではSOX法対策支援ツールも次第に増えてきていることや、まもなく実施基準も公開される予定になっていることから、今後さらに取組みを開始する企業は増えていくものと予測される。
図1 内部統制対策に取り組んでいるか?
図1 内部統制対策に取り組んでいるか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SOX法対策支援ツール/今こそ!「SOX法対策支援ツール」を極める」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SOX法対策支援ツール」関連情報をランダムに表示しています。

SOX法対策支援ツール」関連の特集


SOX法施行目前で“文書化・保存”は緊急課題!今回は文書化実務作業の強力な助っ人「SOX法対策支援ツ…



2008年4月には日本版SOX法が施行される予定で上場企業とそのグループ会社は内部統制への取り組みが…


「文書管理」関連の製品

MasterControl Documents 【マスターコントロール】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
文書管理 文書管理 文書管理
適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。

「文書管理」関連の特集


e-文書法や公文書管理法、IFRSといった法制度への期待から、市場の伸長が見込まれている「文書管理」…



SOX法施行目前で“文書化・保存”は緊急課題!今回は文書化実務作業の強力な助っ人「SOX法対策支援ツ…



導入後にうまく利用されず、失敗しがち…と言われる文書管理ツール。きちんと利用されるにはどうすればよい…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SOX法対策支援ツール/今こそ!「SOX法対策支援ツール」を極める」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SOX法対策支援ツール/今こそ!「SOX法対策支援ツール」を極める」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001985


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ