この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「ナンバーポータビリティ 掲載日:2006/10/26

携帯ナンバーポータビリティの衝撃度



 ついに10月24日に始まった携帯電話番号ポータビリティ(Mobile Number Portability:以下MNP)。MNPのスタートを境に、携帯キャリア3社の勢力地図は果たして変わるのか。また端末メーカーの競合状況に変化はあるのか。すでに国内で9000万人に達する普及をみた携帯電話の世界において、これからさらに激化するパイの奪い合いを象徴する「決戦」は、始まったばかりだ。当初の見込みよりも静かなスタートとなるはずであった携帯電話市場は、ソフトバンクの奇襲でいっきにヒートアップしている。今回は、その緒戦の戦況予想を含め、携帯電話市場の最新動向を紹介しよう。 携帯ナンバーポータビリティの衝撃度



 A N A L Y S T アナリストファイル #029
 IDC Japan株式会社
IDC Japan株式会社 木村 融人(Michito Kimura)
コミュニケーションズ シニアマーケットアナリスト
木村 融人(Michito Kimura)
IDC Japanコミュニケーションズグループで携帯電話市場の調査分析および予測を担当。国内携帯方式別市場占有率、通信事業者別(キャリア別)、端末ベンダ別、カメラ携帯画素数など詳細なデータを四半期ごとに集計し発表している。また、店頭端末価格やユーザー購買行動についても分析を行う。


国内携帯電話端末の市場推移


  日本の携帯電話の加入者は既に9000万を超えており、出荷台数で見る市場は、数年前から増減を繰り返す動きが定着している。つまり端末の買い替えサイクルができているのだ。そのサイクルはおよそ15〜18ヵ月。出荷台数の推移を見ると、今年はちょうど買い替え需要がプラスに転じる。特に2006年前半は大幅なプラス成長であり、11〜12月にもさらなる買い替え需要の波が来ることも予想できる。

図1 2004-2006年出荷台数推移と予測
図1 2004-2006年出荷台数推移と予測
出典: IDC Japan ( 2006年10月 )

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ナンバーポータビリティ/携帯ナンバーポータビリティの衝撃度」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ナンバーポータビリティ」関連情報をランダムに表示しています。

ナンバーポータビリティ」関連の特集


2強時代から混戦時代に突入した携帯電話機市場。苦戦組と善戦組の分かれ目は?番号ポータビリティの影響は…



 2016年7月13日〜15日、東京ビッグサイトで開催された「総務・人事・経理ワールド2016 HR…



IP電話の大本命、IPセントレックス。簡単に言えば「キャリアがIPネットワーク経由でPBX機能を提供…


「その他スマートデバイス関連」関連の製品

業務用アプリ開発 【フェンリル】 EMMプラットフォーム AirWatch 【データコントロール】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。 OS、Android、Windows 10など多様なモバイルデバイスを安心して運用できる統合管理ソリューション。グローバル対応、外部システムとの柔軟な連携など多機能。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ナンバーポータビリティ/携帯ナンバーポータビリティの衝撃度」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ナンバーポータビリティ/携帯ナンバーポータビリティの衝撃度」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7


30001914


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ