この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語 スイッチ・ルータの巻の巻

高速ASICと次世代ルータの着眼点

 ルータの始まりであるマルチプロトコルルータの登場からLANスイッチの基本までを振り返った昔編を受け、今回の今編では、ルータやレイヤ3スイッチの最新動向をお届けしよう。基本的なルーティング技術のおさらいから、ASIC処理による高速化の実現、次世代ルータの最新技術動向までを詳しく解説していくことで、将来のネットワーク機器のあり方を概観していきたい。



昔編
今編
  高速ASICと次世代ルータの着眼点

  掲載日:2006/10/24
今昔物語年表 〜スイッチ・ルータの巻〜

 1990年代に入ると、インターネットの普及でルータの高速化が大きな課題の1つになり、ルーティング処理のハードウェア化が行われるようになった。そして、マルチプロトコル対応からIPプロトコルに特化したレイヤ3スイッチが2003年ごろから台頭し始めた。また、ルータとレイヤ3スイッチともに、ハードウェア処理によるフィルタリングやQoSの高速化と高機能化が実現されるようになり、信頼性向上のためのルータOSのモジュール化も進んでいる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

高速ASICと次世代ルータ/高速ASICと次世代ルータの着眼点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「高速ASICと次世代ルータ」関連情報をランダムに表示しています。

高速ASICと次世代ルータ」関連の特集


ネットワーク上でパケットを運ぶために欠かせないスイッチやルータ。その起源を探りながら、LANスイッチ…


「ルーター」関連の製品

社内ネットワークは自社構築がいい、「LANの見える化」でフレキシブルな環境へ 【ヤマハ】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】 クラウド移行が進む本部側と残される拠点側の“リアルネットワーク” 【ヤマハ】
ルーター ルーター ルーター
社内ネットワークは自社構築がいい、「LANの見える化」でフレキシブルな環境へ LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。 クラウド移行が進む本部側と残される拠点側の“リアルネットワーク”

「ルーター」関連の特集


市場拡大中のモバイルルータはビジネスシーンでも利用者続出!でも私物と違って会社で使うには利用法、セキ…



前年比で5倍以上!今、市場が急拡大中のモバイルルータ…でもビジネスシーンでの利用ってそんなにあるの?…



私は仕事柄、ユーザ事例で取材することが多く、年間で数十件の取材をするようになりました。今回は、私が事…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

高速ASICと次世代ルータ/高速ASICと次世代ルータの着眼点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「高速ASICと次世代ルータ/高速ASICと次世代ルータの着眼点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001911


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ