この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「文書管理ツール 掲載日:2006/10/30

文書管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
内部統制と文書管理の現状
2
文書管理ツールの最新機能
1
文書管理ツールの選び方
2
製品カタログ
1
文書管理ツールユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 文書管理ツールの選択ポイントと製品カタログをお届けする。文書管理ツールは各社で基本機能とオプション機能の扱い方や分類が微妙に異なり、さらに多機能化もかなり進んでいることから、製品選択では戸惑うケースが少なくない。また、SOX法対策の有力なITツールとしてみた場合には、全社規模であらゆる文書管理を支える重要なインフラと位置づけられる。従って、今後は基幹系システムと同等の可用性と拡張性が求められるようになる。 文書管理ツール

1 

文書管理ツールの選び方



1-1

社内事情を把握してから必要な機能をチェック!


 文書管理ツールの製品ラインナップやシステム構成は各社でかなり異なってくるので、実際に利用する現場の事情を把握した上で、オーバースペックまたは機能不足にならないように機能体系を見極めておく必要がある。管理対象となる文書の種類、利用範囲、関係業務、導入の目的(SOX法対策、業務改善、コスト削減など)をチェックし、必要に応じてコンサルティングを受けるのも良い。また、文書管理ツールを利用する人たちの技量と利用方法(誰が何について全文検索したいのか、図面番号で検索したいのか、文書登録はエンドユーザーが自由に行えるのか、専任の文書管理者が必要になるのか)といったことも明確にしておきたい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理ツール/SOX法対応にも!「文書管理ツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理ツール」関連の特集


契約書作成にあたってはいまだ不安が拭えず、完全電子化に必要なコストにも課題があると考え、紙で管理して…



業務と業務の間をスムーズにつなぐ「ワークフローツール」。基本機能からメリット、最新動向まで、まとめて…



散在する情報資産に効率よくアクセスできるポータル画面を提供する「EIP構築ツール」。課題である利用率…


「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

「文書管理」関連の特集


セキュリティ面やワークフロー機能等の充実により、リプレース需要での市場拡大が見込まれる文書管理ツール…



2005年4月1日から施行されたe-文書法の対応にそろそろ取り組まねばと思っている方々は必見です。ツ…



今回の「文書管理システム」特集は、基礎のおさらいだけでなく、うまく活用するためのポイント、ナレッジ化…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理ツール/SOX法対応にも!「文書管理ツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理ツール/SOX法対応にも!「文書管理ツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001905


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ