技術革新が新ニーズを生む!?市場動向

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「インターネットVPN 掲載日:2006/10/10

インターネットVPN



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ダイナミックインターネットVPN入門
2
VPN装置のダイナミック機能
3
ダイナミックインターネットVPNによるサービス強化
1
マネージドインターネットVPNの選び方
2
サービスカタログ
1
インターネットVPN市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 IDC Japan株式会社では、IT市場における世界規模の第三者調査機関として、市場規模、ベンダシェア、競合分析、ユーザー動向、テクノロジートレンド、市場予測などを調査レポートとして定期的に提供している。今回はこうした幅広い調査レポートの中から、インターネットVPN市場に焦点を絞って、いくつか参考になる情報をお聞きした。 インターネットVPN

1 

インターネットVPN市場動向



1-1

インターネットVPNはIP-VPNの4分の1の420億円市場規模


 IDC Japanでは、「2006年国内通信サービスの企業ユーザーデマンド調査」をはじめとする、各WANサービスの詳細な市場調査を行っている。それによると、IP-VPNが成熟期、広域イーサネットが安定成長期を迎えている中で、インターネットVPNだけは現在も急速な普及拡大を続けている。ただし、WANサービス市場全体としては、新規ユーザーを獲得することが一層困難になっているため、法人向けサービスでは、インターネットVPNに対してもさらに質の高いサービスが求められている状況にある。
 金額ベースでは国内の広域イーサネットサービス市場及びIP-VPNサービス市場ともに、2005年末時点で約1,680億円であったが、インターネットVPNは低廉なサービスであることから、IP-VPNのおよそ4分の1の420億円程度の市場規模である。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

インターネットVPN/速報!インターネットVPN最新事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インターネットVPN」関連情報をランダムに表示しています。

インターネットVPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】 基幹システム向け「TransActインターネットFAXサービス」 【トランザクト】 Clovernet Standard 【NECネクサソリューションズ】
IP-VPN FAXサービス インターネットVPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。 基幹システムから自動的に帳票をFAX送信できるクラウドサービス。FAXサーバを導入することなく、FAXの送信のみならず受信まで可能。SOAPにも対応。 専用線と同等水準の信頼性を確保しながら、バックボーンに公衆網を利用、優れたコストパフォーマンスを実現したインターネットVPNサービス。

インターネットVPN」関連の特集


大震災を境に注目される「在宅勤務」。しかし導入するには「適用日数」や「評価制度の変更」など課題も多数…



今見直される「インターネットVPN」をアニメーションで解説。本当に速解です!



IDCでは、過去10年にわたり、国内IT投資金額の推移を調査している。1月に発表した調査結果によると…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

インターネットVPN/速報!インターネットVPN最新事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インターネットVPN/速報!インターネットVPN最新事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001896


IT・IT製品TOP > 通信サービス > インターネットVPN > インターネットVPNのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ