この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「HDD暗号化ソフト 掲載日:2006/10/02

HDD暗号化ソフト



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
PCの情報漏洩対策
2
HDD暗号化ソフトとは
1
HDD暗号化ソフトの選び方
2
製品カタログ
1
HDD暗号化ソフトの市場概況
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 ガートナー ジャパン株式会社では、全世界で1,200人を超えるアナリストとコンサルタントが、広範なIT市場を対象に、テクノロジ、製品、サービスに関する多角的な調査・分析・予測を行い、世界中で10,000社を超える企業にアドバイスを提供している。今回はこうした活動の中で得られた貴重な情報源の中から、同社リサーチ ソフトウェアグループ リサーチディレクターの石橋 正彦氏に、HDD暗号化ソフトの市場概況について参考になる情報をお聞きした。 HDD暗号化ソフト

1 

HDD暗号化ソフトの市場概況



1-1

モバイルデータ保護市場の概況


 ガートナーでは、ノートパソコン、PDAなどのオフィス外に持ち出し可能なデバイスのデータを保護する製品群を「モバイルデータ保護製品」と位置づけ、その世界市場の動向調査を行っている。今回のHDD暗号化ソフトはこのカテゴリの中に含まれている。その調査によると、モバイルデータ保護市場は、国内事情でいえば、個人情報保護法などの影響を受けてデータ保護への関心が高まっていることからまだ成長期にあるものの、世界市場からするとHDD暗号技術は、既に成熟期に入っていて、一般ユーザーがHDD暗号化製品のみを積極的に導入するといった傾向は今後期待できない。
 一方、ノートパソコンやPDAだけでなく、モバイル環境で使われるリムーバブルメディアの種類と出荷数は大幅に伸びているのに対し、これらのデバイスの多くがいまだにデータ保護されていないことから、潜在需要はまだ大きいという見方もできる。 


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

HDD暗号化ソフト/ハードディスク(HDD)暗号化ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「HDD暗号化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

HDD暗号化ソフト」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

HDD暗号化ソフト」関連の特集


ノートPCの盗難・紛失による情報漏洩が社会問題になっています。今回はこうした問題を解決するHDD暗号…



たくさんある製品の中から、何を基準に選べば良いの・・?取材で聞いた、導入戦法の暗号「製品選択の5つの…



「電車の中にノートPCを忘れてしまった!」…これはよくある話です。HDDを丸ごと暗号化して、そんなリ…


「暗号化」関連の製品

DiskDeleter 【ホワイトポイント】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化
廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は? マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

HDD暗号化ソフト/ハードディスク(HDD)暗号化ソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「HDD暗号化ソフト/ハードディスク(HDD)暗号化ソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001893


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ