この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「HDD暗号化ソフト 掲載日:2006/10/02

HDD暗号化ソフト



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
PCの情報漏洩対策
2
HDD暗号化ソフトとは
1
HDD暗号化ソフトの選び方
2
製品カタログ
1
HDD暗号化ソフトの市場概況
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ハードディスク(HDD)暗号化ソフトを選択する場合、暗号化する対象が HDDだけでよいのか、リムーバブルメディアまで含むのか、ファイル暗号も必要になるのか、その使用目的をはっきりさせてから製品選びに入りたい。つまり、各社とも基本機能は非常に似通っているが、その製品ラインナップに対する考え方が異なっているので、まずそのベンダが「暗号化製品」をどのように位置づけているのか、その全体を見通すことから始めたい。 HDD暗号化ソフト

1 

HDD暗号化ソフトの選び方



1-1

導入後のパフォーマンスへの影響をチェック!


 各社とも、HDD暗号化ソフトを導入しても、通常使用時のパフォーマンス低下はほとんど気にならないレベル(数%)であることを強調しているが、実際に使用する業務環境でのパフォーマンスの影響は必ず確認しておこう。特に、最初に使い始めるときにはHDD全体を暗号化しなければならないが、ノートパソコンでも最近の内蔵ドライブは大容量化が進んでいるので、数十時間以上かかるケースも少なくない。ただし、PCを使っているバックグラウンドで暗号化処理が行われる製品や、途中で電源を落としても暗号化が一時中断するだけで、再び起動すれば続きを再開できる製品もある。ちなみに、初回のHDD全体の暗号化にかかる時間は、HDDに保存されている情報量とは無関係である。
 このほか、再起動にかかる時間も長くなる傾向にあるので、頻繁に再起動するケースが多い環境では、念のためブート時間も確認しておこう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

HDD暗号化ソフト/ハードディスク(HDD)暗号化ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「HDD暗号化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

HDD暗号化ソフト」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

HDD暗号化ソフト」関連の特集


災害や節電対策、生活と仕事の調和を図るワークライフバランスへの配慮等から、在宅勤務の必要性が叫ばれて…



これぞ究極の情報漏洩対策!?HDDをまとめて暗号化して、ダダ漏れSTOP!基礎から最新事情までたっぷ…



PC持ち出し厳禁が情報漏洩対策なのはわかるけど、もっと柔軟に運用できないの?そんな不満にお答えする、…


「暗号化」関連の製品

個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

HDD暗号化ソフト/ハードディスク(HDD)暗号化ソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「HDD暗号化ソフト/ハードディスク(HDD)暗号化ソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001892


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ