ゲキ売れ5「ワイヤレスマウスの巻」9月号

この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日:2006/09/27
ゲキ売れ5 ゲキ売れ5
            量販店売れ筋レポート9月号
     「ワイヤレス マウスの巻」
ゲキ売れ5 ゲキ売れ5
ヨドバシ・ドット・コム
ゲキ売れ5
 ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。9月号で取り上げるのは、ワイヤレスマウスである。アップル社製のコンピュータの登場から始まったグラフィカル・ユーザーインターフェースの歴史は、マウスの存在なしにはありえなく、その全盛期を迎えた今日のコンピュータ環境において、最も普及しているハードウェアのひとつであることは間違いないだろう。
 コンピュータの使用頻度が高い人にとって、マウスはいわば靴のような存在。使い心地次第で作業は苦痛にも快感にもなるし、ビジネスの視点からも作業効率を直接左右する重要なデバイスである。さらに、オンライントレードを始めとするeビジネスの一般化した現在では、クリックひとつがクリティカルな役割を担うことも少なくないのだ。ワイヤレス、光学式、さらにレーザー式と新テクノロジが次々投入されるマウス市場において、一体どんな製品がゲキ売れしているのだろうか。


※表示価格は2006年9月25日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。
売れ筋トレンドを読む  ゲキ売れ5
 マウスといってもモバイルノートからグラフィックワークステーションまで用途は様々だが、今回は用途別ではなくワイヤレスマウスのバトルロワイヤル、とにかくワイヤレスで動作するマウスすべてを対象にランキングを作成した。
 その結果、ノート用のコンパクトなものから、デスクトップ用のモンスター級多機能マウス、Bluetooth接続まで、多種多様なマウスが入り乱れる興味深い結果となった。また、量販店の売り場に並ぶ無数のマウスの中から、シッカリと機能、エルゴノミクスなどの特色ある高性能マウスが選ばれている点も興味深い。マウスという製品は、デザイン重視のアクセサリーや雑貨ではなく、重要なインターフェースデバイスとしてユーザーから選ばれていると言えそうだ。
マウス売り場の洪水
 今回のゲキ売れ製品に触れるために、われわれゲキ売れ取材班は、ヨドバシカメラ新宿西口店のマウス売り場を訪れたのだが、「現在の日本で、選択肢の多い製品ランキングを作成したら、そのトップはマウスなのではないだろうか」と思うほどの物量がそこにはあった。コンビニエンスストアの売り場面積を軽く超える広さの陳列スペースに、隙間なく多種多様なマウスが並ぶ中、今回ランクインしたゲキ売れマウス5製品は、まるでレンタルビデオの新作のようにズラリと同一製品が2、30並列で陳列され、見る間に数人が手に取ってレジへと運んでいった。この売り場の様子からみても、今回のランキングに揃ったマウスたちが、膨大な数のマウスの中からユーザーによって選び出された「選良」なのは間違いないだろう。
10mの操作距離、10個のボタンロジクール「MX-610BK」
 10mも離れたところから、マウスを操作する必要があるのか、と聞かれれば、大抵の人は「ない」と答えるだろう。しかし考えてみて欲しい。会議でプロジェクタを使っていて、スクリーンから離れた席に座っている。あるいは、プロジェクタの映像入力ケーブルがスクリーン近くまでは届かない。そんなとき、2.4GHz帯のデジタルワイヤレス通信で10mの操作距離を提供するMX-610を使っていれば、スクリーンの前までそのまま歩いて行って、映写されたスクリーンに向かってポインタを操作することができるのだ。
 昨年10月に発売された本機種の特色はそれだけではない。通常、マウスは座標の変化情報だけを一方的にPCへと送信する一方向通信のデバイスだが、本機種では、PCのスリープや電源OFFの情報をマウスへと伝え、マウス側も同期してスリープ・電源OFFする、ワイヤレスでは初となる双方向通信の機能も備えている。さらに、メール、メッセンジャー、Web等の戻る/進むを可能にするユニバーサルフォアード&バックボタン、音量のアップ/ダウン/ミュートのボタンを備え、ホイールと左右クリックと合わせて計10ボタンという多機能を実現し、コンパクトで手に馴染むエルゴノミクスデザインで多機能、長距離通信を提供する本機種が、バランスに優れた定番マウスの座を手にしている。
ハイエンドマウスの本命 ロジクール「MX-1000」
 この10年でのPCの低価格化と比べ、MX-1000のような高級マウスの価格は、ほとんど変化していないのではないだろうか。一方で数百円で購入可能な低価格マウスまで存在するにも関わらず、ゲキ売れ2に入ったのはロジクールのハイエンドマウスなのだから、市場の製品を見る目は想像以上に厳しいようだ。
 900dpi、毎秒6000回の読み取り精度を誇るレーザー方式のセンサーを採用し、リチウムイオン電池による充電式、左右スクロール+ズームが可能なチルトホイール、ユニバーサルフォアード&バックボタン、アプリスイッチボタンなど計8つのボタンを備え、掴むというよりも手を預けるような安定したホールディングと軽快な操作感は、ウェブのブラウジングはもちろんのこと、デザイン、グラフィック、CADオペレーションなどの緻密な操作を必要とするあらゆるニーズに応えることができるだろう。発売から2年を経過してもなお、ワイヤレスマウスの最高峰の呼び名を欲しいままにする本製品が、ゲキ売れ2に輝くという事実こそ、価格より性能を重視してマウスを選ぶユーザーが多数派を占めていることのなによりの証拠だと言えるのではないだろうか。
とにかくシンプルなBluetooth搭載マウス ソニー「VGP-BMS30」
 携帯電話からプリンタ、Skype用ヘッドセット、音楽用のヘッドフォンまで幅広い周辺機器との高速無線通信を可能にするBluetoothインターフェースだが、なぜかワイヤレス化の進むマウスの世界では、あまり一般的でない。だが、Bluetooth内蔵のPCであれば、USBタイプの無線アダプタも不要となり、PCとマウスの直接通信が可能になるのだ。
 1.0b〜1.1でのバージョン間の互換性問題の記憶からか、Bluetoothは使い勝手が悪いとの印象を持たれがちだが、Bluetooth規格の最新バージョンである2.0+EDRになってからは、ほぼ電源を入れるだけで使えるようになっている。2.0+EDRでは最大3Mbpsの通信速度を実現しており、マウスのデータ転送には十二分。2.4GHz通信で操作可能距離も10mと長い。しかし、いざ購入しようとBluetooth搭載のワイヤレスマウスを探すと、ほんの数機種程度しか選択肢はないのである。そんな中、ソニーのVGP-BMS30は、左右クリックとスクロールホイールのみのシンプルかつシャープなモノクロームデザインで、PC周りをスッキリさせたいユーザーにはベストの選択だろう。Bluetoothユーザーのベストチョイスとしてニッチを的確に拾うことに成功したことが、ゲキ売れ3の達成の原動力となったのではないだろうか。
2006年8月16日〜2006年9月15日の1ヶ月間、ヨドバシカメラ全店及びヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「ワイヤレス マウス」上位5製品はこれだ!(情報提供:ヨドバシカメラ)
※表示価格は2005年9月25日時点のものであり、変更の可能性があります。
 ゲキ売れ1
 MX-610BK
 [レーザーコードレスマウス
 ブラック]
 ■メーカー:ロジクール
 ■価格:6,480円 (2006年9月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ2
 MX-1000
 [ワイヤレス/光学式
 レーザー コードレスマウス]
 ■メーカー:ロジクール
 ■価格:8,480円 (2006年9月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ3
 VGP-BMS30
 [Bluetooth対応 光学式
 ワイヤレスマウス ブラック]
 ■メーカー:ソニー
 ■価格:6,980円 (2006年9月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ4
 Wireless Notebook Optical
 Mouse 3000 62Z-00008
 [マイカブラック]
 ■メーカー:マイクロソフト
 ■価格:3,570円 (2006年9月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ5
 Wireless Notebook Laser
 Mouse 6000 B5W-00008
 [アイスブルー]
 ■メーカー:マイクロソフト
 ■価格:5,320円 (2006年9月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
コンパクトなモバイルワイヤレス マイクロソフト「62Z-00008 Wireless Notebook Optical Mouse 3000」
 マイクロソフトはその名の通りソフトウェアの会社で、ほとんどハードウェア製品を販売していないが、キーボードとマウスはその数少ない例外となっている。Windowsを始めとするオペレーティングシステムは、計算機であるPCと人間の間のインターフェースと言えるから、マイクロソフトにとって、キーボードとマウスはOSの終端を担うものとして、重要視すべきものなのかもしれない。
 ノートブック用のコンパクトなボディに、1000dpi、毎秒6000回というロジクールのMXレーザーエンジンに引けを取らない読み取り性能、アルカリ単三電池1本で約半年動作、レシーバを本体底面に収納可能で収納時には電源OFFという、本製品の機能、性能のバランスは、文句のつけようのないもの。マウスの老舗の製品だけに、信頼性も高そうだ。スクロールホイールと左右クリックの組み合わせは、マイクロソフトの開発した標準インターフェースだから、Windowsとの親和性の高さは言うまでもない。そう考えると、WindowsとともにPC環境のインターフェースのスタンダードを作り上げてきたマイクロソフトのマウスが、ゲキ売れ4、5を占めるのは当然の帰結といえるだろう。
モバイル、ワイヤレス、レーザーの最上位機種 マイクロソフト「B5W-00008 Wireless Notebook Laser Mouse 6000」
 ロジクールのMXレーザーを追って発売されたのが本製品を含むマイクロソフトのレーザー式マウスである。1000dpi、毎秒6000回と数字上は変わらないが、読み取り精度は赤色LEDに比べて向上しているとのこと。マイクロソフト製モバイル用のマウスの最高峰である。シルバーを基調とした流線型のボディデザインは、今のノートPCとのマッチングを意識した美しい仕上がり、お家芸のチルトホイールで上下左右スクロールが可能、さらに拡大鏡機能が割り当てられた拡張ボタンが左の親指付近に配置されている。
 今回のゲキ売れ5にランクインしたマイクロソフト2製品はどちらもモバイル用。レシーバを収納することで電源がOFFになるなど、モバイルの活用シーンを的確に把握した機能的なデザインが、広範なユーザーに支持された結果ではないだろうか。
他のワイヤレスマウスを見る
topに戻る

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワイヤレスマウス/ゲキ売れ5「ワイヤレスマウスの巻」9月号」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワイヤレスマウス」関連情報をランダムに表示しています。

ワイヤレスマウス」関連の特集


マイクロソフトVSロジクール!白熱するマウスの覇権争い!量販店で燃え上がる新型マウスの熱い戦いをレポ…



量販店で売れている人気製品はどれ?今月は「会計・財務ソフト」の年間ベストセラーを調査!



パソコンにつながれたLANケーブル、マウスやキーボードのケーブル、電話線…配線だらけのデスクにうんざ…


「その他PC関連」関連の製品

XP更改支援サービス 【東日本電信電話】
その他PC関連
Windows XPの継続利用から ★スグに ★ラクに 脱却したいなら…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワイヤレスマウス/ゲキ売れ5「ワイヤレスマウスの巻」9月号」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワイヤレスマウス/ゲキ売れ5「ワイヤレスマウスの巻」9月号」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001881


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ