ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」7月号

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日:2006/07/26
ゲキ売れ5 ゲキ売れ5
     量販店売れ筋レポート7月号
   「ネットワークストレージの巻」
ゲキ売れ5 ゲキ売れ5
ヨドバシ・ドット・コム
ゲキ売れ5
 ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。7月号では、ネットワークストレージを取り上げる。実はゲキ売れ5でネットワークストレージを取り上げるのは今回で2回目。前回、急速に伸びてきたとお伝えしたこのジャンル、さらに右肩上がりの成長を見せているようなのだ。その背景にはビジネスデータがテキストベースから、ビジュアルベースへと変化してきていることによるファイルサイズの巨大化があるのではないか。では、早速量販店のゲキ売れネットワークストレージをチェックしてみることとしよう。

※表示価格は2006年7月21日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。
売れ筋トレンドを読む  ゲキ売れ5
 ランキングの結果をみると、相変わらずバッファロー、アイ・オー・データ機器の2社が圧倒的に強い。売れ行きを決めているのはやはり、GB(ギガバイト)あたりの単価と、信頼性、耐障害性である。とはいえ、今年3月に発売したばかりのアイ・オー・データ機器HDL-GXシリーズが順調に売れて、ゲキ売れ2・ゲキ売れ5に入っており、ぱっと見以上にランキングには動きがある。モデルチェンジしたバッファローのTeraStationは、ゲキ売れ1だけでなく、ゲキ売れ4にも入り、その存在感をさらに増してきている。
ネットワークストレージは、なぜ売れるのか。
 昨年末にも紹介したネットワークストレージだが、その成長はとどまるところを知らず、値崩れすることもなく着実に売り上げを伸ばしているという。その理由はどこにあるのだろう。RAIDやミラーリングといった冗長性の確保も理由の一つだが、もっと根本的な問題として、ビジネスで扱うデータの巨大化が挙げられるのではないだろうか。
 従来であればFAXなどの紙ベースでやりとりした文書を、複合機で一気にスキャンしてPDF化するなど、デジタルイメージのやり取りが増えてきたという実感をお持ちの方は少なくないはずだ。さらにデジタルカメラの画素数も爆発的に増え、SDカードなどのデジタルカメラ用のデバイスもGB単位となった今、セミナーやビジネスショーなどを一日撮影すれば、簡単に数GBのデータが発生する。そして、写真のセレクトやリサイズ、DVD-R化などを行う人件費より、1GBあたり約100円のネットワークストレージのほうがずっと安い。そう考えると、ストレージは紙と同じ類のオフィスサプライとなったと見ることもできそうだ。
ネットワークストレージ界の揺るぎない横綱、バッファロー TS-1.0TGL/R5
 昨年末に新モデルとなり、よりビジネス向けの位置づけをはっきりとさせたTeraStationが、相変わらず「終わらない止まらない売れ行き」を見せている。RAID1、5対応、コンデンサを日本製にするなど見直された電源周り、フロントからできるHDD交換、ドライブごとのエアフローによる強力な放熱機構など、バランスよく強化された本製品。出張修理を提供するTeraStation保守サービスも開始され、およそ死角が見当たらない。
 GB単価は、99.8円/GB(スパニングモード*時、ヨドバシ・ドット・コム価格より算出)と今回のランキングでは3番目に安価で、コストパフォーマンスにも優れている。1TBという容量を使いきれる環境であれば、導入に躊躇する材料は極めて少ないのではないだろうか。
※4つのHDDを一つのドライブとして使用し、冗長性なく全容量を使用する。
中容量ストレージのトップ、アイ・オー・データ機器HDL-GX300
 3月はじめに発売となったHDL-GXシリーズのなかでも、750GBモデルについでGB単価の低いのがこのHDL-GX300なのだが、119.3円/GBというのはバッファローと比べて若干高めの数字である。それでいてゲキ売れ2の支持を受けているのには、もちろん理由があるはずだ。
 新たにGXシリーズで搭載されたeSATA(external Serial ATA)で、外部HDDをUSB2.0以上に高速で接続することが可能。さらに、eSATA接続HDDと内蔵HDDをつかってRAID1(ミラーリング)を構成することができる。従来からあったミラーリング機能との違いは、コピーがリアルタイムである点。起動用のデータまですべてミラーリングするので、内蔵HDDに障害が発生しても、外部HDDから起動することで、数分後にはデータアクセスでき、ほぼノンストップのアベイラビリティを提供できる。RAIDというと管理には一定以上のスキルが必要、というイメージだが、外部HDDを利用したこの方式は、感覚的にもわかりやすく、データ保護をより手軽に行いたいユーザーの支持を集めているのではないだろうか。
とにかく安価にストレージを追加。バッファロー HD-H250LAN
 本来、ビジネスで使うデータはほとんどがテキストや表計算などのデータ量の少ないものが多い。上述した通り、イメージデータを使ってもOKな風潮にはなってきているものの、例えばA4一枚の文書データは、テキストならせいぜい十数KB。ところがスキャンデータとなると、解像度にもよるが数MBに膨らむことも珍しくない。ストレージ消費とCPUの電力消費の両方から見て、できることならテキストベースのデータを使用するべきなのは、コスト面はもちろん、エコロジー的にも明らかなのだ。
 本製品の250GBという容量は、確かにランキング中で最小の数字だが、もし、通常のワードやエクセル、パワーポイントやメールなどのデータだけで250GBを使い切ろうとすれば、大企業でも何年も掛かるはず。ストレージの使用容量をコントロールする意思があるなら、2万円台前半で極めて余裕のあるNASを得ることが可能なのだ。ちなみに本製品のGB単価は95.2円/GB。大型ストレージ導入のつなぎとしても十分魅力的なコストパフォーマンスを誇っている。
コストパフォーマンスに優れた超大容量 ストレージ バッファロー TS-1.6TGL/R5
 本製品のGB単価は92.5円(スパニングモード時)と今回のランキングで最も安価。製品の機能はTS-1.0TGL/R5と全く同じだから、ここは1.6TBの容量を製品寿命中に使いきれるかどうかの一点で選択が決定するところだろう。そう考えると、量販店で購入する機器としては1.6TBもの大容量ニーズはまだまだゲキ売れ4程度ということだろうか。
 だが、もしデータ保護の観点からRAID1で運用するのであれば、容量は800GB。デジカメを頻繁に使用するようなビジネスなら、一日1GBを使用したとして3年以内に埋まってしまう容量だ。ストレージの選択には、どんなデータを、どれくらいの数量、どの程度クリティカルに使用するのかという問題が常について回る。それだけに、1.6TBのストレージがゲキ売れする時代となったことには、感慨深いものがある。
6月15日〜7月14日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「ビジネス用途に適したネットワークストレージ」上位5製品はこれだ!(情報提供:ヨドバシカメラ)
※表示価格は2006年7月21日時点のものであり、変更の可能性があります。
 ゲキ売れ1
 TS-1.0TGL/R5
 「TeraStation 1TB」
 ■メーカー:バッファロー
 ■価格:99,800円 (2006年7月21日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ2
 HDL-GX300
 「Giga LANDISK 300GB」
 ■メーカー:アイ・オー・データ機器
 ■価格:35,800円 (2006年7月21日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ3
 HD-H250LAN
 ■メーカー:バッファロー
 ■価格:23,800円 (2006年7月21日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ4
 TS-1.6TGL/R5
 「TeraStation 1.6TB」
 ■メーカー:バッファロー
 ■価格:148,000円 (2006年7月21日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 ゲキ売れ5
 HDL-GX250
 「Giga LANDISK 250GB」
 ■メーカー:アイ・オー・データ機器
 ■価格:32,800円 (2006年7月21日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
アイ・オー・データ機器 HDL-GX250
 ゲキ売れ2同様、3月発売のHDL-GXシリーズの一つであるHDL-GX250が、めでたくゲキ売れ5のトリを飾ることになったのだが、実はこの製品、HDL-GXシリーズ中GB単価は上から2番目と少々高い。HDL-GX300が119.3円/GBにたいして、HDL-GX250は131.2円/GBという差の結果、わずか数千円足すだけで、HDL-GX300が購入できてしまう。にもかかわらず、しっかりとゲキ売れしている理由はどこにあるのだろうか。
 考えてみた結論は、やはり「使いきれる容量」が重要なポイントになっているということだ。スペックというものは一般に数字が大きいほうが性能が上なのだが、ストレージ容量は違う。その製品を使っている期間に容量限界に近づかないなら性能差はゼロ。まったくの無駄金を使ってしまうことになるのだ。仮説になってしまうが、250GBという数字は、各部署やスモールオフィスの規模において、最も標準的な容量となっているのではないだろうか。
他のネットワークストレージ
topに戻る

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ネットワークストレージ/ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」7月号」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ネットワークストレージ」関連の製品

ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 Windows Server 2012 【日本マイクロソフト】
サーバー管理 BI Windows
肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。
●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。

ネットワークストレージ」関連の特集


材料を何かにスプレーすれば発電できる新型太陽電池が登場!ビル壁面だけでなく、ドーム型の屋根だって太陽…



クラウドやモバイルなど第3のプラットフォーム時代に見る、”ユーザー部門”のIT予算の動きとは?アナリ…



 IPv6においてもフィルタリング・ルールだけではインターネットからの脅威には対応できないのはIPv…


ネットワークストレージ」関連のセミナー

Japan Enterprise Infrastructure Vision 2017 【IDC Japan】 締切間近 

開催日 8月3日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

〜柔軟で迅速なITインフラを実現するSoftware-Definedとハイブリッドクラウド〜「ビジネス環境の変化に対応するためのITインフラ改革」をテーマに、デ…

IT Solution Forum 2017 in 福島 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 9月12日(火)   開催地 福島県   参加費 無料

「生産性向上」、「クラウド・モバイルの活用」、「働き方改革」、「セキュリティ」などお客さまのビジネスに役立つセミナー・展示を多数開催致します。皆さまのご来場をお…

ストレージセミナー 【ニューテック】 締切間近 

開催日 8月1日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

時下、皆様におかれましては益々のご清栄のこととお慶び申し上げます。この度ニューテックでは、『(株)ニューテック ストレージセミナー』を開催いたします。 皆様のご…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ネットワークストレージ/ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」7月号」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ネットワークストレージ/ゲキ売れ5「ネットワークストレージの巻」7月号」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001879


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ