この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「RFID 掲載日:2006/08/31

「RFID」には表もウラも!積極的な対応が成功の鍵



 競争優位実現のためのキーテクノロジとして注目されるRFID。国内でも多くの実証実験が報告され、導入事例も出始めている。先駆者が「この分野で成功するためにはいち早く導入することが大事」と口を揃えることをみても、そのメリットの大きさがうかがえる。今回は、RFIDの基礎をおさらいした上で、導入事例を紹介しながらRFID活用のポイントを見ていこう。 「RFID」には表もウラも!積極的な対応が成功の鍵



 A N A L Y S T アナリストファイル #033
 株式会社アイ・ティ・アール
株式会社アイ・ティ・アール 広川 智理(Tomosato Hirokawa)
取締役/シニア・アナリスト
広川 智理(Tomosato Hirokawa)
電気通信大学 電子計算機学科卒業後、日本電気(株)入社。情報システム部門、NECアメリカ社、本社ERP担当部長を歴任後、2001年4月より現職。NECアメリカ社では、経理システム再構築などを行い、NECソフトウェア品質管理活動世界大会において最優秀賞を受賞。帰国後は、NECグループ内へのERP導入促進、社内体制整備を行う。現在は、SCM、B2Bコマース、ベンダーマネジメントなどの分野を担当。


RFIDとは


 RFID (Radio Frequency Identification)に関する研究は、第二次世界大戦中に米国において行われた敵味方を識別する装置開発に端を発するといわれている。実用化されたのは1980年代前半頃で、核物質管理の必要性から1bitだけの情報を保有するRFIDが開発された。その後、1990年代に入り、機密性の高い建物への入室管理、工場の自動化などを目的とした利用が始まった。RFIDの活用は、特に米国において進んでおり、1990年代後半には既に有料高速道路の料金徴収や、ガソリンスタンドでの支払い自動化などで大きな広がりを見せていた。
 RFIDの仕組みを簡単に図解すると図1のようになる。

図1.RFIDの仕組み
図1.RFIDの仕組み
出典: ITR

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

RFID/積極的な対応が成功のカギ「RFID」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RFID」関連情報をランダムに表示しています。

RFID」関連の製品

ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】 AsReader 【アスタリスク】 AsReaderApps 【アスタリスク】
入退室管理システム ハンディターミナル その他基幹系システム関連
ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。 iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

RFID」関連の特集


今いる居場所を正確に把握することが仕事に活かせる職種といえば、ドライバーやフィールドエンジニアなどが…



昨今話題のWiMAXや次世代PHS(XGP)等の高速モバイル通信。企業における高速モバイル通信の可能…



既にオフィスでおなじみの複合機。でもその機能を使いこなすか否かで業務効率も雲泥の差が!注目の最新機能…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RFID/積極的な対応が成功のカギ「RFID」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RFID/積極的な対応が成功のカギ「RFID」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9


30001877


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 在庫管理システム > 在庫管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ