この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「シンクライアント 掲載日:2006/09/08

スグ解る!「シンクライアント」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはシンクライアント。これまでは、専用端末が必要だったり、全社レベルでの導入が難しかったり、対応アプリケーションに制限が出てくるといった問題点があった。しかし、最新のシンクライアントではこれらの課題をクリアした製品が登場し始め、セキュリティの強化やTCOの削減に効果があるものとして、再び注目が集まっている。 スグ解る!「シンクライアント」

シンクライアントって?

 シンクライアントは、Windows-Based Terminal(WBT)の登場によって認知され始めた。WBTとは、Windowsサーバ環境でマルチユーザー環境(ターミナルサービス)を実現するための専用クライアント端末で、OSやアプリケーションを持たず、サーバ上のアプリケーションなどを利用する仕組みのものだ。その後シンクライアントは、サーバベースコンピューティングを実現するものとして知名度を上げていき、最近では各ベンダから様々なソリューションが提供されている。

シンクライアントって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

シンクライアント/スグ解る!「シンクライアント」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

オールインワン・デスクトップ環境 「リモートPCアレイ(RPA)」 【アクシオ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
VDI 暗号化 暗号化
仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリ、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアを包括的に提供するハイパーコンバージド・ソリューション。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

シンクライアント」関連の特集


蔓延する違法コピーによるソフトの不正利用。もし企業のパソコンで不正入手ソフトの利用が発覚したら、会社…



ビジネスシーンでこそ活かされる「スマートフォン」。企業導入時に欠かせない"セキュリティ"や"運用管理…



いつでもどこでも仕事ができる環境を作り上げることでワークスタイルの変革を強力に推進している同社に成功…


シンクライアント」関連のセミナー

実践 『働き方改革』 取り組み事例ご紹介セミナー 【パナソニック インフォメーションシステムズ/シトリックス・システムズ・ジャパン】  

開催日 10月17日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

労働人口が減少し、時間的制約を持って働く人たちが増える中、限られた時間で成果を出すために、従来とは異なる労働環境が求められています。そのような中で、場所・時間に…

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】 締切間近 

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/スグ解る!「シンクライアント」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/スグ解る!「シンクライアント」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001824


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ