この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語 シリパラの巻

パラレルI/F全盛期の面影を追う!

 ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマは「シリアル&パラレルインターフェース」。PCのインターフェース技術の変遷を俯瞰することで、近未来を見通すための知識をお届けする。「昔編」では、RS-232C、セントロニクス、SCSI-1、SCSI-2、GP-IBなどのPC誕生とともに繁栄したインターフェースを取り上げていく。



昔編
 パラレルI/F全盛期の面影を追う!

  掲載日:2006/09/12
今編
今昔物語年表 〜シリパラの巻〜

 1960年代から1970年代にかけて、手軽に使える各種インターフェースが登場し始めた。まず、PCの普及とともに広く使われるようになったのは、パラレルインターフェースではセントロニクス、シリアルインターフェースではRS-232Cであった。ディスク関連のインターフェースでは内蔵タイプはIDE、外付けタイプはSCSIが中心で、いずれもパラレル方式であった。これらのパラレルインターフェースは1990年代後半までPCの主要インターフェースとして活躍したが、USBの登場で次第にその主役の座をシリアルインターフェースに脅かされるようになっていった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

パラレルワールド回顧録/必読!パラレルワールド回顧録」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パラレルワールド回顧録」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

パラレルワールド回顧録/必読!パラレルワールド回顧録」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「パラレルワールド回顧録/必読!パラレルワールド回顧録」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001818


IT・IT製品TOP > ストレージ > iSCSI > iSCSIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ