この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語 固定電話の巻の巻

創業時の電話帳はわずか1枚のみ!電話史の誕生

 ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマは「固定電話」。グラハム・ベルが開発した電話機のルーツからIP電話までの流れを辿ることで、近未来を見通すための知識をお届けする。今回の「昔編」では、電話機誕生からデジタル交換機の実用化までの成長期を概観しながら、基本的な電話網の仕組みを紹介していく。



昔編
 創業時の電話帳はわずか1枚のみ!電話史の誕生

  掲載日:2006/08/08
今編
今昔物語年表 〜固定電話の巻〜

 1876年にアレキサンダー・グラハム・ベルが電話を発明してから14年後の1890年、東京・横浜で電話が初めて開通した。電話機と交換機の国産化はかなり早い時期からスタートを切ったことで、電話網の技術水準は順調に向上していった。1900年には新橋、上野両停車場構内に初めて自働電話(公衆電話)が登場し、1910年には全国の電話加入者数が10万人を突破。1923年の関東大震災では関東地方の電話網が大きな打撃を受けたが、その苦難をバネに自動交換機の導入が進んで、1939年には全国の電話加入者数が100万人を突破した。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

固定電話/懐かしの黒電話登場!電話史の軌跡」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「固定電話」関連情報をランダムに表示しています。

固定電話」関連の製品

EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは? 【ワイ・ディ・シー】
EDI
EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは?

固定電話」関連の特集


東北のIT企業に震災の教訓を学ぶシリーズ第二弾。今回のポイントは、安否確認における声の重要性と外部に…



柔軟なワークスタイルを実現するためには、スマートフォンやタブレットなどを活用したモバイルワーク環境の…



効果検証資料で見る、働き方改革とファシリティの関係。先行企業はどうしている? 効果計測の方法は? こ…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

固定電話/懐かしの黒電話登場!電話史の軌跡」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「固定電話/懐かしの黒電話登場!電話史の軌跡」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001816


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ