この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語 無線LANの巻

電波割り当てと無線LAN標準化の軌跡

 ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマは「無線LAN」。無線LANが歩んできた歴史をおさらいしながら最新の無線LANテクノロジーを紹介することで、無線LANの近未来を見通すための素養をお伝えする。「昔編」では無線LANの黎明期から2003年のIEEE802.11g標準化あたりまでを振り返る。



昔編
 電波割り当てと無線LAN標準化の軌跡

  掲載日:2006/07/11
今編
  PANもMANも!進化する最新無線技術

  掲載日:2006/07/25
今昔物語年表 〜無線LANの巻〜

 イーサネットの標準化はIEEEの802プロジェクトによって1980年2月に開始され、これがLAN技術の国際標準策定の始まりになった。そして、そのちょうど10年後の1990年、無線LANの標準化委員会であるIEEE 802.11が発足し、これと並行しながら国内では1990年前半から無線LAN製品が登場するようになった。最初に制定された規格は1997年のIEEE 802.11、次いで、1999年にIEEE 802.11bと802.11aが、そして2003年にはIEEE 802.11gが策定された。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/電波割当と無線LANの黎明期を探る」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 ギガビットレイヤー2スイッチ AX2100Sシリーズ(AX2130SS) 【アラクサラネットワークス】
検疫 認証 ネットワークスイッチ
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 強固なセキュリティ、コンパクト・環境負荷設計、PoE対応などの特長を持ち、8年の無償サポートで安心して使い続けられるギガビットL2スイッチ。

無線LAN」関連の特集


通信元と通信先の間に割って入り、どちらにも悟られないように悪事をはたらく中間者攻撃。具体的な手口と対…



顔認証、人体検知、紙文書の電子化…次々と進化する複合機の最新事情を特集しました!実際に編集部でも実験…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、2015年4月に発行された、株式会社マ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/電波割当と無線LANの黎明期を探る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/電波割当と無線LANの黎明期を探る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001814


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ