この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「Webアプリケーションサーバ 掲載日:2006/09/04

Webアプリケーションサーバ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
Webアプリケーションサーバの基本的な役割
2
SOAプラットフォームとしてのWebアプリケーションサーバ
3
Webアプリケーションサーバとオープンソース製品の関係
1
Webアプリケーションサーバ製品選びのポイント
2
Webアプリケーションサーバ製品カタログ
1
専門アナリストに聞くSOAとWebアプリケーションサーバの動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 Webアプリケーションの基盤となるWebアプリケーションサーバは、ECサイトやイントラ基盤、EAIなど様々な場面で利用されている。しかし現在では、こうした役割を超え、SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)実現の基礎として、またビジネスプロセス管理実現の基盤としての役割を期待されるようになってきた。今回は、変遷するWebアプリケーションサーバの役割に着目しつつ、最新動向について見ていこう。 Webアプリケーションサーバ

1 

Webアプリケーションサーバの基本的な役割


 Webアプリケーションサーバは、かつてのECサイト構築に代表されるような、Webシステムを用いてデータベースアクセスを含む一連のビジネスプロセスを効率よく、合理的に処理できる仕組みとして普及してきた。まずは基本的なWebシステムのイメージとアプリケーションサーバの役割を改めて考えてみよう。



1-1

Webアプリケーションサーバの基本的なイメージ


図1 Webアプリケーションサーバの基本的なイメージ
図1 Webアプリケーションサーバの基本的なイメージ
資料提供:日立製作所

 図1は日立のCosminexusアプリケーションサーバの例だが、Webアプリケーションサーバの一般的な構成イメージとしてもみることができる。図の中央のアプリケーションサーバの中にWebサーバが内包されている。これは製品としての構成を示している。通常、システムとして構築する場合の機能的なイメージとしては、次のような「3層構造」が意識されている。


(1) Web層 :クライアントの操作性や視認性の向上(リッチなユーザーインタフェースと表現力)
(2) ビジネス層 :ビジネスロジックに基づく処理を行う部分(=業務アプリケーション)。これがアプリケーションサーバの担当する中核部分だ。図中ではJSP/ServletやEJBコンテナ、J2EEサービスなどと描かれている部分が相当する。
(3) データ層 :アプリケーションの要求に基づいて、必要なデータを渡す部分。バックエンドのデータベースや他のシステムがこの領域に相当する。

 つまりWebアプリケーションサーバとは、フロントエンドを担当するWeb層とバックエンドのデータ層の間をつなぎ、ビジネスロジックを実現するものだ。フロントエンドはWebブラウザとWebサーバが担当するのがよくあるパターンだが、業務やシステムの都合によっては、必ずしもこの部分がWebシステムでなくてはならないわけではない。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

Webアプリケーションサーバ/SOA化へ!Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

Webアプリケーションサーバ」関連の製品

Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 大企業・中堅企業向け エンタープライズ ワークフロー MAJOR FLOW Z 【パナソニック ネットソリューションズ】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
プロジェクト管理 ワークフロー その他運用管理関連
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 申請処理を始め、あらゆる業務プロセス処理の基盤に活用することができるワークフローソフトウェア。多彩な外部システムとの連携も可能。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

Webアプリケーションサーバ」関連の特集


Windows Azureはもともと、Windowsとの親和性の高さを特長としてスタートした。現在で…



WBTから認知され始めたシンクライアント。最近は様々なソリューションが提案されてきています。その代表…



ネットワーク、サーバーの可用性、耐障害性をまとめて面倒を見てくれるロードバランサ。今回は分散方式、パ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Webアプリケーションサーバ/SOA化へ!Webアプリケーションサーバ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Webアプリケーションサーバ/SOA化へ!Webアプリケーションサーバ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001795


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ