この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、最新の技術はこうなっている!「リッチクライアント 掲載日:2006/08/28

リッチクライアント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:技術動向
1
リッチクライアントとは?
2
リッチクライアント製品の注目機能
3
リッチクライアントの実際:どんなところで使われているか?
1
リッチクライアント製品の選び方
2
製品カタログ
1
リッチクライアント技術動向
 
INDEX


技術動向
今、最新の技術はこうなっている!
技術動向

 野村総合研究所(NRI)では、2006年5月、2010年度までのWeb技術の進展を予測した「ITロードマップ」を発表した。これによると、Web2.0というインターネットの新たなトレンドを背景に、リッチクライアントの重要性はさらに高まり、2009年度ごろには一般的な技術として普及し活用されていくものと予測されている。そこで、今回はこの「ITロードマップ」で明らかになったリッチクライアントの進化について伺った。 リッチクライアント

1 

リッチクライアント技術動向



1-1

二次成長期を迎えたリッチクライアント市場


 まず、今回NRIが発表したリッチクライアントのロードマップを図1に示す。これによると、リッチクライアント市場は現在、二次成長期に差し掛かったところで、一次成長期に明らかになった技術課題を解決した新しいリッチクライアント製品が次々と市場投入され始めている段階である。
 ちなみに、一次成長期が始まったばかりの2004年5月時点でNRIが行った「リッチクライアントに関するユーザー意識調査」では、リッチクライアントに対する認知度は高いものの理解度になると全体の3割程度に留まっていて、リッチクライアントの導入率はまだ約13%であった。今回のロードマップ資料では現時点でのリッチクライアントの導入率は明らかにされていないが、2004年時点の調査では2006年には2倍に拡大すると予測されていたことから、現在のリッチクライアント導入率は30%前後に達しているものと見られている。


図1 リッチクライアントのロードマップ
図1 リッチクライアントのロードマップ
資料提供:野村総合研究所

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リッチクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

リッチクライアント」関連の製品

ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
SDN プロジェクト管理 開発環境/BaaS
サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、要員、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

リッチクライアント」関連の特集


企業ユースで上手に使いこなすにはどうすべきか…。他のクライアント技術との比較や、導入時の要検討ポイン…



Webサイトはもはや企業に欠かせぬマーケティングツール。一方で運用の負荷は増すばかり…もっとラクにで…



日々進化を遂げるWebアプリケーション。リッチクライアントを導入すれば、さらに表現力豊かで便利なユー…


「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001794


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ