この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、最新の技術はこうなっている!「リッチクライアント 掲載日:2006/08/28

リッチクライアント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:技術動向
1
リッチクライアントとは?
2
リッチクライアント製品の注目機能
3
リッチクライアントの実際:どんなところで使われているか?
1
リッチクライアント製品の選び方
2
製品カタログ
1
リッチクライアント技術動向
 
INDEX


技術動向
今、最新の技術はこうなっている!
技術動向

 野村総合研究所(NRI)では、2006年5月、2010年度までのWeb技術の進展を予測した「ITロードマップ」を発表した。これによると、Web2.0というインターネットの新たなトレンドを背景に、リッチクライアントの重要性はさらに高まり、2009年度ごろには一般的な技術として普及し活用されていくものと予測されている。そこで、今回はこの「ITロードマップ」で明らかになったリッチクライアントの進化について伺った。 リッチクライアント

1 

リッチクライアント技術動向



1-1

二次成長期を迎えたリッチクライアント市場


 まず、今回NRIが発表したリッチクライアントのロードマップを図1に示す。これによると、リッチクライアント市場は現在、二次成長期に差し掛かったところで、一次成長期に明らかになった技術課題を解決した新しいリッチクライアント製品が次々と市場投入され始めている段階である。
 ちなみに、一次成長期が始まったばかりの2004年5月時点でNRIが行った「リッチクライアントに関するユーザー意識調査」では、リッチクライアントに対する認知度は高いものの理解度になると全体の3割程度に留まっていて、リッチクライアントの導入率はまだ約13%であった。今回のロードマップ資料では現時点でのリッチクライアントの導入率は明らかにされていないが、2004年時点の調査では2006年には2倍に拡大すると予測されていたことから、現在のリッチクライアント導入率は30%前後に達しているものと見られている。


図1 リッチクライアントのロードマップ
図1 リッチクライアントのロードマップ
資料提供:野村総合研究所

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リッチクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

リッチクライアント」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
開発環境/BaaS
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなどさまざまな形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

リッチクライアント」関連の特集


多様化するワークスタイルに対応するための機能強化が進むグループウェア。今回はその最新事情をご紹介しま…



今回ピックアップするのはリッチクライアント。現在多くの企業で、Webブラウザを通してアプリケーション…



ISPの無料サービスでおなじみのWebメール。その便利さを活かしつつセキュリティ対策もバッチリの企業…


「その他WEB構築関連」関連の製品

多様な11組織のサイトを統合する、柔軟でセキュアなポータルの作り方 【イージフ】 顧客体験と売り上げを向上、Allianzの新ポータルを支えるプラットフォームとは 【イージフ】 リッチコンテンツの多用にも耐えて柔軟なオープンソースポータルとは? 【イージフ】
その他WEB構築関連 その他WEB構築関連 その他WEB構築関連
多様な11組織のサイトを統合する、柔軟でセキュアなポータルの作り方 顧客体験と売り上げを向上、Allianzの新ポータルを支えるプラットフォームとは リッチコンテンツの多用にも耐えて柔軟なオープンソースポータルとは?

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001794


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ