この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「リッチクライアント 掲載日:2006/08/28

リッチクライアント



1:基礎講座 2:選び方講座 3:技術動向
1
リッチクライアントとは?
2
リッチクライアント製品の注目機能
3
リッチクライアントの実際:どんなところで使われているか?
1
リッチクライアント製品の選び方
2
製品カタログ
1
リッチクライアント技術動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ここ数年で、Webアプリケーションの状況は大きく変化し、優れたユーザーインタフェースを備えたものも数多く登場してきた。同時に、リッチクライアントソリューションも発展を続けているが、技術の進歩が早いことから、現状がよくわからないという読者が少なくないようだ。また、動作環境や開発言語などが製品ごとに異なるため、全体像が把握しにくい製品群でもある。そこで本稿では、リッチクライアントの基本をおさらいしながら、その最新動向をお届けする。また、どんな場面でどんなリッチクライアントソリューションが活躍しているのかについてもあわせて紹介していく。 リッチクライアント

1 

リッチクライアントとは?



1-1

リッチクライアントが登場するまでの道のり


 リッチクライアントの説明に入る前に、時代とともにその姿を変えてきたクライアントの変遷からおさらいしておこう。
 まず、クライアントサーバシステムが誕生して、クライアントにPCが導入され始めた時点では、まだクライアントという用語しか使われていなかった。その後、「サーバベースコンピューティング」という考え方が登場し、PCからハードディスクなどを取り除いたネットワーク端末が製品化されると、これらの端末は「シンクライアント」と呼ばれるようになり、従来のPCはシン(thin)に対して「ファット(fat)クライアント」と呼ばれるようになった。
 さらに、インターネットが普及してくると、Webアプリケーションの観点から「HTMLクライアント」という言葉が使われるようになった。しかし、従来のクライアントサーバシステムのクライアントと比べた場合、HTMLクライアントは「ファンクションキーが使えない」「データ入力の生産性が低下する」「レスポンスが悪い」といった弊害が指摘されるようになった。なぜなら、HTMLは閲覧・検索・リンクのための言語として登場したものであって、業務プロセス処理や高度な表現力を実現するために登場した言語ではなかったからである。そこで、こうした課題をクリアするために登場してきたのが「リッチクライアント」である。


▼リッチクライアントの定義

 つまり「リッチクライアント」とは、概ね次のような項目を実現してくれるクライアントのことを指す。

クライアントの操作性や視認性の向上(リッチなユーザーインタフェースと表現力)
PC(クライアントのハードウェア)側のリソース活用
サーバ負荷の削減
ネットワーク負荷の削減

 また、Webアプリケーション(シンクライアントまたはHTMLクライアント)とクライアントサーバ型アプリケーション(ファットクライアント)の利点を同時に実現するアプリケーションでもあることから、リッチインターネットアプリケーション(RIA)とも呼ばれている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リッチクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

リッチクライアント」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 Online Service Gate Professional/Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発環境/BaaS プロジェクト管理 シングルサインオン
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、要員、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。
クラウドサービスの利用下において、社外からのアクセス制限やシングルサインオン環境などを実現するクラウドアクセスコントロールサービス。

リッチクライアント」関連の特集


 最近あまりこの言葉は使われないが、通常の端末は「リッチクライアント」と呼ばれる。その反対が「シンク…



文書管理ツールに様々な機能が付加されることで、選択肢は広まったものの、だからこそ本当に必要な製品を選…



コラボレーション基盤として欠かせないグループウェア。最近ではクラウド上で稼働するサービスが相次ぎ、有…


「その他WEB構築関連」関連の製品

Webフォーム作成サービス フォームクリエイター 【ソフトバンク コマース&サービス】 Myサイト翻訳 【ソフトバンク コマース&サービス】 FLIPPER U 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他WEB構築関連 その他WEB構築関連 その他WEB構築関連
Webフォームを簡単に作成することができるサービス。マルチデバイス対応の申込みフォームを、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で作成できる。 Webサイトの自動翻訳を即座に実現できるクラウド型サービス。既存の日本語サイトに翻訳ボタン1つを貼付するだけで、同様のレイアウトのままで多言語サイトが完成する。 カタログ、パンフレット、マニュアル、教科書などをデジタル化し、インターネット経由で閲覧できるようにするWindowsソフトウェア。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リッチクライアント/Web2.0時代のリッチクライアント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001792


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ