この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!「Webアプリフレームワーク 掲載日:2006/08/07

Webアプリケーションフレームワーク



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
Webアプリケーションフレームワークが登場した背景
2
Webアプリケーションフレームワークの仕組み
3
Webアプリケーションフレームワークの最新動向
1
Webアプリケーションフレームワーク導入の際のチェックポイント
2
製品カタログ
1
Webアプリケーションフレームワークユーザーの声
 
INDEX


ユーザーの声
利用者だけがわかる使い勝手を総まとめ!
ユーザーの声

 2006年5月8日から5月12日にかけて「Webアプリケーションフレームワーク」に関するアンケートを、キーマンズネットで実施した(有効回答数464人)。Webアプリケーションフレームワークの導入状況や時期、目的、満足度、導入時の重視ポイントなどについて、ユーザーの意見を詳しく見ていきたい。 Webアプリケーションフレームワーク

1 

Webアプリケーションフレームワークユーザーの声



1-1

Webアプリケーションフレームワークの導入はまだこれから


 今回の取材では、「パッケージなどを使用せず、独自に一からWebアプリケーションを開発している企業はほとんどないはず。なんらかのフレームワークを活用しているのではないか」、という声を聞いた。それは事実なのか。Javaで開発している人を対象に、フレームワークの導入状況について聞いた。図1を見れば分かるように、導入済みだと答えた人は54.2%。半数弱が導入していないという状況が明らかとなった。
 従業員規模別に見ると、1001名以上が60.8%と最も導入が進んでおり、小さな規模の会社ほど、導入率が下がることが分かる。また業種別に見ると、IT製品関連業が61.6%と最も進んでおり、IT関連以外の製造業や流通・サービス業などでは40%強という導入率である。また導入されていない企業でも、導入の必要性を感じていることが分かる。


図1 Webアプリケーションフレームワークの導入状況
図1 Webアプリケーションフレームワークの導入状況

 一方、導入しないと答えた人も全体の10%だがいた。その理由として多くの人が挙げているのが、「社内に技術者が不足している」「費用対効果が明確ではない」「Javaの知識が少ない」ということ。実は、社内に技術者が不足している企業にこそ、ぜひ、フレームワーク導入を検討してほしい。フレームワーク導入のメリットは、生産性やメンテナンス性の向上である。導入する際の学習コストはかかるが、それを差し引いても近い将来、プラスに転じる可能性は十分あるからだ。
 導入時期でいちばん多いのが、2003年3月以前という答え(図2)。Webアプリケーションシステムでの開発案件が増えてきた時期とほぼ一致している。また、グラフにはないが今年中に導入を予定している人も多い。


図2 Webアプリケーションフレームワークの導入時期
図2 Webアプリケーションフレームワークの導入時期

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Webアプリフレームワーク/Webアプリケーションフレームワーク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリフレームワーク」関連情報をランダムに表示しています。

Webアプリフレームワーク」関連の特集


今、注目を集めている「Webアプリケーションフレームワーク」。いまやフレームワークを使わずにアプリケ…



システム開発の現場では既に必須の存在?劇的・開発効率UPの立役者、Webアプリケーションフレームワー…



納期もコストも圧縮、なのに品質は担保しろなんて・・・プロマネに愚痴をこぼす前に考えたい、開発効率化に…


「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Webアプリフレームワーク/Webアプリケーションフレームワーク」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Webアプリフレームワーク/Webアプリケーションフレームワーク」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001788


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ