この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「統合脅威管理 掲載日:2006/07/24

統合脅威管理アプライアンス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
昨今のセキュリティ事情
2
UTMアプライアンスの基礎知識
3
UTMアプライアンスが持つ機能
1
UTMアプライアンスの選び方
2
UTMアプライアンス製品カタログ
1
対策が進んでいるのは?セキュリティ対策の現状
2
UTMアプライアンスに対する読者の声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 UTMアプライアンスは、セキュリティ対策として必要な各種機能を1つのボックスで提供してくれる便利な製品だ。しかし、UTMアプライアンス製品の機能には、ベンダーごとに得手不得手があるため、製品選びの際にはその違いをきちんと把握した上で選定してもらいたい。ここでは、製品選びのポイントとともに、現在市場に出回っているUTMアプライアンスの製品カタログをご紹介しよう。 統合脅威管理アプライアンス

1 

UTMアプライアンスの選び方


●機能の差で選ぶのはナンセンス

 UTMアプライアンスを一括りにして製品を見ると、提供している機能の数に目が行きがちだ。しかし、各ベンダーでは、必要に応じて機能の追加を予定しており、装備している機能の数だけで製品選びを行うことはナンセンスだ。自社が脅威としてとらえている内容をしっかりと検討した上で、その脅威に対応している機能の成熟度を判断する必要がある。基礎編でもお伝えしたとおり、すべての機能が最高レベルに達している製品はほとんど存在していないことを前提に製品を選んでいく必要がある。もっとも必要な機能が明確になっていれば、ベンダーに相談して単機能製品を選ぶという選択肢もある。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

統合脅威管理/ワームに勝つ!統合脅威管理の実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合脅威管理」関連情報をランダムに表示しています。

統合脅威管理」関連の製品

FortiAPシリーズ 【ソフトバンク コマース&サービス】 サンドボックス機能をクラウドサービスで 【ソフトバンク コマース&サービス】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
アクセスポイント UTM 認証
エンタープライズクラスのセキュリティ保護機能と統合管理機能を備え、小規模から大規模まで、あらゆる環境に対応可能な無線アクセスポイント。 サンドボックス機能をFortiGate向けクラウドサービスとして提供。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

統合脅威管理」関連の特集


様々な場面で利用されるクラウドサービス。プライベートで使っているサービスに社内からアクセスする従業員…



 前回までに様々なゲートウェイ・セキュリティの機能を集約したUTMアプライアンスについて説明してきた…



高度化するウイルスや外部からのアタックに対抗するための、統合されたセキュリティ対策「UTMアプライア…


統合脅威管理」関連のセミナー

検知だけでは守れない!UTMと連携した不正端末遮断とは? 【キヤノンITソリューションズ/シーティーシー・エスピー】 締切間近 

開催日 9月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

現在、外部への不正な通信や機密情報の漏えい防止の目的で不正な端末のネットワークを論理的に隔離させ、情報漏えい対策を行うソリューションが注目されてきています。マル…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合脅威管理/ワームに勝つ!統合脅威管理の実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合脅威管理/ワームに勝つ!統合脅威管理の実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001781


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ