この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の立ち読み製品
あなたのすぐ知りたいを叶える「CTI 掲載日:2006/04/14

スグ解る!「コンタクトセンター向けCTI」



 話題の製品概要と主要製品をコンパクトにまとめ、忙しいあなたの「すぐに知りたい」を叶える本コーナー。今回ピックアップするのはコンタクトセンター向けCTI。景気に上向き基調が見え始めたとはいえ、依然として厳しい経営環境が続く中で、企業には多様化、高度化する顧客ニーズに的確に応えていくことが求められる。そこで重要な役割を果たすのが顧客対応を担うコンタクトセンターだ。そして、このコンタクトセンターの効率的な運営を実現するための仕組みがCTIということになる。 スグ解る!「コンタクトセンター向けCTI」

コンタクトセンター向けCTIって?

 そもそもCTIとは“電話音声やFAX画像などのアナログ情報と、コンピュータのデジタル情報を統合する”ための技術のことで、コンタクトセンターではこのCTI技術を利用することで、効率的、効果的な顧客対応が可能となる。コンタクトセンターで利用されるCTI製品の機能としては、交換機機能や音声の自動応答機能、着信をオペレータに振り分ける機能などがあり、システム形態としては、PBX(構内交換機)をなくした「unPBX」タイプのものと「ソフトスイッチ」タイプのものに現在注目が集まっている。

コンタクトセンター向けCTIって?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

CTI/スグ解る!「CTI」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CTI」関連情報をランダムに表示しています。

CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】
コールセンター/CTI サービスデスク
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。PCにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。

CTI」関連の特集


メール・電話・FAX・Web会議などをIP インフラに統合することで、オフィスの生産性向上を図ること…



人手の限られている中堅・中小企業では、顧客対応に頭を悩ませている企業も少なくないはず。今回は、少ない…



今注目の"クラウド・コンピューティング型"グループウェアを徹底解剖!最新技術はもちろん、基本機能や導…


CTI」関連のセミナー

iOSコンソーシアム関西支部第10回セミナー 【iOSコンソーシアム】 締切間近 

開催日 10月25日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

「iOSコンソーシアム関西支部第10回セミナー 〜 iOSアプリ開発のポイントと最新動向 〜」を下記日程にて開催させていただきます。今回はiOSアプリ開発の最新…

CTIセキュリティセミナー2018 【中電シーティーアイ】  

開催日 11月15日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨今、何かと話題になる“IoT”は、政府主導で進められているSociety 5.0やコネクテッドインダストリーズなどの取り組みでも“IoT”の活用はキーワードと…

チャットボット・AIで実現する業務効率化と、失敗しない活用法 【オウケイウェイヴ】 締切間近 

開催日 10月25日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

チャットボットやAIを導入検討する企業が増えてきています。しかし、ただ該当ソリューションを導入すれば良いのではなく、自社の特性や体制・将来的な運用イメージに合わ…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CTI/スグ解る!「CTI」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CTI/スグ解る!「CTI」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30001732


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ