この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語 専用線の巻

拠点間通信の夜明け!「専用線」の生い立ち

 ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回のテーマ「専用線サービス」の過去を振り返る昔編では、高速ディジタル専用サービスの幕開けからフレームリレー、ATMまでを取り上げます。専用線サービスの幕開けであるディジタル専用線サービスが始まった1984年ごろから詳しく見ていきましょう。



昔編
 拠点間通信の夜明け!「専用線」の生い立ち

  掲載日:2006/05/16
今編
今昔物語年表 〜専用線の巻〜

 アナログ専用線とモデムによるデータ通信が始まったのは1960年代。そして、1980年代に入ると高速ディジタル専用回線、TDM、PBXなどを組み合わせた企業ネットワークが普及し始め、音声回線とデータ回線の統合により、通信コストの削減を目指すようになった。そこで「昔編」では1984年の高速回線の幕開けから、1990年代のフレームリレーおよびATMの出現とその後の拡大までを振り返る。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

専用線サービス/専用線が導く拠点間通信の夜明け」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「専用線サービス」関連情報をランダムに表示しています。

専用線サービス」関連の特集


日本の大手ICTベンダ5社が手を組み総額60億円をかけて挑む「O3プロジェクト」。日本の技術が世界の…



アナログが終焉を迎えIP電話が主役となった現代。IP電話の歴史を紐解きつつ、固定と移動体通信の融合を…



ネットワーク今昔物語「専用線サービス今編」では、仮想閉域網を構築するVPNサービスの変遷から、次世代…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

専用線サービス/専用線が導く拠点間通信の夜明け」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「専用線サービス/専用線が導く拠点間通信の夜明け」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001728


IT・IT製品TOP > 通信サービス > ISDN/専用線 > ISDN/専用線のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ