この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク今昔物語 携帯電話の巻

未来を探る!次世代PHSと第4世代携帯電話

 ネットワークの今昔を知ることで、ネットワーク製品・技術に対する理解と見識をさらに深めることができる「ネットワーク今昔物語」。今回の「携帯電話 今編」では、注目を集める第4世代携帯電話やウィルコムが推し進める次世代PHSなど、第3世代以降の最新テクノロジーによる近未来事情を取り上げます。SIMカードによる携帯電話の未来像にも注目してみてください。



昔編
今編
  未来を探る!次世代PHSと第4世代携帯電話

  掲載日:2006/04/25
今昔物語年表 〜携帯電話の巻〜

 第3世代携帯電話サービスが本格的に始まったのは2001年のこと。現在もこの流れが続いているが、2006年以降は3.5Gや3.9G、次世代PHSなどを経て、2010年ごろに第4世代携帯電話サービスへと移行していくものと予測されている。従って、第1世代は約6年間、2.5Gを含む第2世代は約8年間、そして3.5Gや3.9Gを含む第3世代は約10年間近く続くことになる。果たして第4世代は何年間続くのだろうか・・・

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

携帯電話/第4世代と次世代PHS!携帯進化論」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

災害安否確認システム 安否コール 【アドテクニカ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】
安否確認システム グループウェア グループウェア
ID/PW不要の一斉連絡ツール。回答率100%を目指す直感的な管理機能があり、700法人20万ユーザーの導入実績を持つ。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

携帯電話」関連の特集


国内スマートフォンの出荷台数は685万台。従来型携帯電話のシェアはどんどん減少している。



昨今話題のWiMAXや次世代PHS(XGP)等の高速モバイル通信。企業における高速モバイル通信の可能…



373名を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査。前編では「情報漏洩状況」「メール誤送信状況…


携帯電話」関連のセミナー

カスタマーサポート・営業職向けIPv6入門 【日本ネットワークインフォメーションセンター】 締切間近 

開催日 10月1日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内ではコンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 2017年夏からは携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供され始めま…

業務効率を上げる!「LINE WORKS」活用セミナー 【コネクシオ/ワークスモバイルジャパン】  

開催日 11月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

国をあげて「働き方改革」への取り組みが本格化している昨今、多くの企業では、限られた労働時間内でいかに生産性高く働くことができるかが課題になっています。その解決の…

エンジニア向けIPv6基礎技術解説 【日本ネットワークインフォメーションセンター】 締切間近 

開催日 10月2日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内では コンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 いよいよこの夏頃から携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供されま…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話/第4世代と次世代PHS!携帯進化論」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/第4世代と次世代PHS!携帯進化論」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001727


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ