この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ロードバランサ 掲載日:2006/05/22

ロードバランサ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
ロードバランサの基礎知識
2
ロードバランサはこう導入する
3
ロードバランサの最新動向
1
ロードバランサ 導入の注意ポイント
2
ロードバランサ 製品カタログ
1
ロードバランサ ユーザーの声
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 基礎編では、ロードバランサを導入する場合にどう構成するかをサービスごとに追ってみたが、ここではロードバランサを選ぶポイントだけでなく、導入にあたっての注意ポイントも含めて紹介しよう。後半では、ロードバランサでの主な製品をカタログ形式でリストアップしている。 ロードバランサ

1 

ロードバランサ 導入の注意ポイント


・本当にロードバランサが必要か

 ロードバランサを導入する動機が、可用性の向上やロードバランサをクッションとすることで機器構成が柔軟になることでなく、例えばサーバのパフォーマンス向上の場合には、まず本当にロードバランサが必要かどうかを検証する必要がある。レスポンスが悪いと一言で言っても、原因がサーバの処理能力だけでなく、そもそもネットワークの帯域が不足していたりすることもあるからだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ロードバランサ/「ロードバランサ」を使いこなす!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

ロードバランサ」関連の製品

運用もセキュリティもバラバラ、“マルチクラウドの悲劇”を起こさないために 【F5ネットワークスジャパン】 ECCハード処理、FPGA活用――クラウドでも最適な次世代ロードバランサ/ADCとは 【F5ネットワークスジャパン】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ IaaS/PaaS
多様なクラウドサービスを自由に使えるマルチクラウドは理想的だ。だが良いことばかりではない。複雑な構成をどう管理し、セキュリティを維持し続けるかは課題だ。 ECCハード処理、FPGA活用――クラウドでも最適な次世代ロードバランサ/ADCとは 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。

ロードバランサ」関連の特集


VDI環境へ移行する際には、ネットワークトラフィックに変化が生じるのではないかという懸念もともなう。…



「有線LAN」で用いられる各種LANケーブルの種類から特徴、選び方のポイントまでを一挙紹介!意外な発…



基本機能から暗号の2010年問題への対応、クラウドを見据えた仮想化戦略まで、「L7スイッチ」の全貌を…


ロードバランサ」関連のセミナー

Office 365のテナント制御によるセキュリティリスク回避 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

テーマ別ショートセミナー:【1時間でOffice 365のテナント制御によるセキュリティ回避方法がわかる】Microsoft社のOffice365を導入される際…

AGILITY 2017 【主催:F5ネットワークスジャパン】  

開催日 6月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITによるビジネス改革が当たり前となった時代。その成功を左右するカギは、クラウドやモバイル、IoT、AIといった個々のテクノロジーやトレンドではなく、皆さんが創…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ロードバランサ/「ロードバランサ」を使いこなす!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ロードバランサ/「ロードバランサ」を使いこなす!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001703


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ