この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ロードバランサ 掲載日:2006/05/22

ロードバランサ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
ロードバランサの基礎知識
2
ロードバランサはこう導入する
3
ロードバランサの最新動向
1
ロードバランサ 導入の注意ポイント
2
ロードバランサ 製品カタログ
1
ロードバランサ ユーザーの声
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ロードバランサをそのまま訳せば「負荷分散装置」となり、以前はWebサーバへの集中的なアクセスを処理することが主な役目だった。しかし、ロードバランサが管理するレイヤーが広がり多機能化する中で、ロードバランサという名称ではなく、「L4-7スイッチ」「アプリケーションスイッチ」「アプリケーションデリバリ」などの独自カテゴリで提唱するベンダーも増えてきている。今回は、企業内のグループウェアやメールサーバなどを対象に用途を広げるロードバランサの最新情報を追い、企業ネットワークにどう組み込んでいったらいいかを解説する。 ロードバランサ

1 

ロードバランサの基礎知識


 ロードバランサといえば、アクセスが殺到するような大規模なインターネットサイトや携帯向けサイトでの話というイメージは今でも強い。実際にそういったサイトがロードバランサを積極的に導入し、そのマーケットを引っぱってきたのも事実である。また、企業システムでは、Web化あるいはIP化が進む一方で信頼性が厳しいほど求められてきている。ロードバランサは負荷分散装置として広まってきたが、じつは「高可用性」が求められるシステムに導入することでその威力を発揮したり、ロードバランサと組み合わせることで対象とする機器の増強や構成変更をしやすくするクッションとしての役割も大きい。
 ここではまずロードバランサの基本的な仕組みや機能をおさらいしてみよう。



1-1

負荷分散


 ロードバランサにまず求められる機能は、負荷分散だろう。1台のサーバでは処理しきれないサービスを複数台のサーバで処理しながら、仮想的に1台のサーバとして見せかけるこの負荷分散では、さまざまなアルゴリズムが使われる。以下が代表的な分散アルゴリズムだ。


【分散アルゴリズム】
スタティック負荷分散 ラウンドロビン 重み付けラウンドロビン  
ダイナミック負荷分散 最速応答時間/
最小サーバ負荷
最小コネクション スロースタート

ラウンドロビン
各サーバに均等にトラフィックを振り分ける方法で、サーバの処理能力に違いがないときに使われる。
 
重み付けラウンドロビン
サーバに優先順位を付け、振り分けるトラフィック量をサーバごとに変えることができる。主としてサーバの処理能力に違いがある場合に使われる。
 
最速応答時間/最小サーバ負荷
最も速くレスポンスがあったサーバ、最も負荷の小さいサーバなどサーバの稼働状況によって振り分ける方法。サーバの負荷状態は、エージェントをサーバ側で稼働させ、レスポンスタイム以外にも、CPU負荷率、メモリ使用量、ディスクI/O負荷率などをモニタリングし、その統計情報にもとづいて振り分ける。
 
最小コネクション
ロードバランサは、サーバに振り分けながらコネクションの状況をテーブルとして管理しているが、その情報から最もコネクションが少ないサーバを抽出し、振り分ける方法。
 
スロースタート
サーバを増設したり、交換したときに、トラフィックがそのサーバに集中しないよう徐々に振り分けて行く方法。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ロードバランサ/「ロードバランサ」を使いこなす!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

ロードバランサ」関連の製品

アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ IaaS/PaaS
最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。 トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。

ロードバランサ」関連の特集


製品の種類が主に3つに分かれる「スパム対策ツール」。それぞれメリット/デメリットがあり運用時の工数や…



IPv4時代を乗り切るために不可欠な技術の数々を伝授!また、個別のIPアドレスが必要になるビデオ会議…



ネットワーク、サーバーの可用性、耐障害性をまとめて面倒を見てくれるロードバランサ。今回は分散方式、パ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ロードバランサ/「ロードバランサ」を使いこなす!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ロードバランサ/「ロードバランサ」を使いこなす!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001702


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ