この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「SAN 掲載日:2006/05/15

SAN



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
SANの基礎知識
2
SANの最新事情
1
SANの選び方
2
SAN製品カタログ
1
SAN市場動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 データ量が増加するといわれているが、実際のストレージ市場に変化は起きているのか。また、サーバの仮想化に代表されるITの新たな潮流や、2009年の施行が予定されている日本版SOX法をはじめとした法規制はどのような影響を与えるのか。国内のストレージ市場の動向について、IT専門の調査企業であるIDCジャパンでサーバ/ストレージグループのディレクターを務める森山正秋氏に話を聞いた。 SAN

1 

SAN市場動向



1-1

2005年国内ディスクストレージシステム市場実績


 IDCジャパンが3月15日に発表した「2005年国内ディスクストレージシステム市場実績」では、外付型と内蔵型を合計した2005年の外付型ディスクストレージの国内出荷金額は2708億5900万円で前年比5.0%減となり、4年連続のマイナス成長となった。出荷金額が前年割れとなった原因についてIDCジャパンは、メインフレーム向けのディスクストレージシステムが対前年比24.5%と大幅に減ったことを挙げた。一方で、出荷容量は対前年度比でほぼ50%増の144.0ペタバイトとなり、「データの急増」が現実のものになっていることが分かる。また、発表された数値のうちSANとNASを合わせたネットワークストレージに絞ると出荷金額は1008億4000万円となり、前年比10.6%増を記録した。国内のディスクストレージシステムの出荷金額に占めるネットワークストレージの比率は、前年の40.3%を大きく上回る47.4%にまで上昇している。一方、DASは前年比17.3%減となっており、DASからのNAS、SANへのシフトが鮮明になっている。IDCジャパンは国内企業のネットワークストレージの投資について「初期導入段階を終えて新たな発展期に入ろうとしている」とコメントを発表している。


図1 2002年から2005年における外付型ディスクストレージシステムの国内出荷金額と出荷容量の推移
図1 2002年から2005年における外付型ディスクストレージシステムの国内出荷金額と出荷容量の推移
(資料提供:IDCジャパン)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SAN/「SAN」で実現!ストレージの仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】 デスクトップ仮想化の新たな選択肢「デリバリーDaaS」とは? 【日立製作所】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
ワークフロー VDI BI
低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。 高い!運用が面倒!は過去の話? デスクトップ仮想化に新手法 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

SAN」関連の特集


データ通信速度が高速化していく中、HDDではなかなかI/O速度が追いつかない…。そんな弱点を解消する…



 Facebookページの運用にもそろそろ慣れてきた頃だと思います。今日は投稿に関する注意点について…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。 1月下旬から2月上旬にかけて、元プロ野球選手の覚せい剤所持容…


SAN」関連のセミナー

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 12月14日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

ITILファンデーション 研修 (3日コース) 【アーク】  

開催日 1月22日(月)〜1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 15万1200円(税込)

<ITIL(アイティル)って?>ITILとは、英国政府が作成したITサービスの全体(戦略・設計・移行・運用・継続的改善)にわたるベストプラクティス集であり、国際…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/「SAN」で実現!ストレージの仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/「SAN」で実現!ストレージの仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30001701


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ