この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「SAN 掲載日:2006/05/15

SAN



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
SANの基礎知識
2
SANの最新事情
1
SANの選び方
2
SAN製品カタログ
1
SAN市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 企業がストレージ環境にSANを導入する際にどんな基準で製品を選択すればいいだろうか。それぞれの企業が展開するビジネスによって、扱うデータの種類や容量は異なるだろう。また、既存システムとの兼ね合いや、将来的な拡張計画にもかかわってくるかもしれない。ここでは、さまざまな要因が絡む中で、ストレージ製品の選び方のヒントを紹介していく。 SAN

1 

SANの選び方


 SANを導入する際に製品を選択するポイントを紹介する。組織の規模や用途、将来の拡張予定などによって選択の基準が変わってくるので、じっくりと考えたい。


・目的を明確にする

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SAN/「SAN」で実現!ストレージの仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

健康診断と同様に仮想化基盤を明快に判定「仮想化健康診断」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング 【ブイキューブ】
パフォーマンス診断 BI Web会議
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。

SAN」関連の特集


ネットワークの理解は“実際にパケットを観察すること”が最大の近道!パケット解析方法にヘッダの構造など…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。前回はある企業で社員がメンタル不調となったことをきっかけに、残…



エンドユーザのセキュリティに対する意識の現状と意識を高めるための方策をご紹介。業務部門に「守れる」ル…


SAN」関連のセミナー

マーケティング・テクノロジーフェア2017(第5回) 【UBMジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)〜2月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

第5回目を迎える本年の開催は「Create a new market」をテーマに過去最大となる約100の講演と約300製品・サービスが出展する展示会を同時開催。…

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

【SED-1】C#、VB .NET開発の効果的なテストノウハウを習得! 【テクマトリックス】  

開催日 1月30日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

このセミナーでは、dotTESTの操作性を体感でき、かつテストツールの有効性を知っていただけるハンズオン形式のセミナーです。サンプルコードを用いて、dotTES…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/「SAN」で実現!ストレージの仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/「SAN」で実現!ストレージの仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001699


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ