この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「複合機 掲載日:2006/04/24

複合機



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
複合機にまつわるリスクとは?
2
複合機が持つセキュリティ機能
3
複合機の最新機能
1
複合機選びのポイント
2
モノクロ・カラー複合機製品カタログ
1
複合機の最新トレンド
2
複合機シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 複合機は、自社の技術的なノウハウと数多くのユーザーの声を反映させ、必要な機能を次々と盛り込んでおり、ネットワーク接続された情報端末として様々なアプリケーションとの連携を深めている。今回は、ガートナー ジャパン プリント・マーケット&マネジメント担当 主席アナリスト 三谷 智子氏に複合機(MFP:Multi Function Peripherals)市場にまつわる最新動向やマーケット実績についてお聞きした。 複合機

1 

複合機の最新トレンド



1-1

複合機に関するセキュリティリスクの原点


 複合機に関するセキュリティリスクがユーザーに認識されたのは、シャープが放映したテレビCMが大きなきっかけになったと言われている。これまでは、デジタル化されたデータが複合機本体に保存されていることを知らなかったユーザーが多数を占めていたものの、このCMによってセキュリティに不安を覚えるユーザーが急増した。特に警察関係や官公庁関係などで複合機にまつわるセキュリティの意識が高まったのは事実で、リスク回避の観点から、わざわざデジタル複合機からアナログ複合機に入れ替えを行ったところもあったほどだ。ただ、複合機自体は独自フォーマットでのデータ処理が基本であり、ハードディスク本体から情報を盗み出すことは至難の業。それでも、ユーザーからの強い要望により、各複合機ベンダーは様々なセキュリティ機能を搭載している状況にある。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

複合機/「複合機」セキュリティ大全」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「複合機」関連情報をランダムに表示しています。

複合機」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】
統合ログ管理 文書管理 開発ツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方

複合機」関連の特集


PC、複合機、電話機など…オフィスで利用するOA関連機器は多種多様。しかもこれらを別々に購入している…



活用頻度を向上させる便利機能や管理者の負担を軽減する機能が搭載された文書管理ツール。“使われない…”…



プリンタ1台を複数社員で共同利用していませんか?実はそのような環境下では「取り違え」や「取り忘れ」が…


複合機」関連のセミナー

IT Solution Forum 2017 in 福島 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 9月12日(火)   開催地 福島県   参加費 無料

「生産性向上」、「クラウド・モバイルの活用」、「働き方改革」、「セキュリティ」などお客さまのビジネスに役立つセミナー・展示を多数開催致します。皆さまのご来場をお…

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

複合機/「複合機」セキュリティ大全」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「複合機/「複合機」セキュリティ大全」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001694


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ