この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「複合機 掲載日:2006/04/24

複合機



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
複合機にまつわるリスクとは?
2
複合機が持つセキュリティ機能
3
複合機の最新機能
1
複合機選びのポイント
2
モノクロ・カラー複合機製品カタログ
1
複合機の最新トレンド
2
複合機シェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ネットワークやサーバ、PCにまつわるセキュリティ対策が進む中、内部にハードディスクを搭載した情報端末としての機能を持つ複合機に対するセキュリティ対策が、いよいよ本格化する時代が近づきつつある。単なるコピー・FAXとしての機能以外にも、様々なアプリケーションと連携できる複合機だからこそ、セキュリティ対策が重要な課題となってくる。印刷した紙文書に対する情報漏洩対策にも、複合機は大いに役立つものなのだ。 複合機

1 

複合機にまつわるリスクとは?


 企業のプリンティング環境における中核製品として、多くの企業で導入されている複合機。まずは、この複合機にまつわるリスクを見ておこう。



1-1

現代の複合機事情


 いまさら説明するまでもないが、複合機とは、コピーやFAX、プリンタ、スキャナー機能が一体となった製品で、オフィスにおけるドキュメント出力の中心として活用されている。歴史を紐解くと、複合機は1980年後半から1990年前半にかけて登場し、当初は複写機にFAX機能が搭載され、その後プリンタ機能やスキャナー機能が搭載されていくことで現在の形になるわけだが、最近では、単なるドキュメント入出力機能だけでなく、ネットワーク端末としての機能が充実してきている。複合機内部にハードディスクを装備し、ユーザーごとにディスク領域を確保できるファイルサーバのような機能を持ち、さらに液晶パネルからブラウジングを行うことができるようにもなっている。また、OSを持っているために、通常の業務端末としても利用可能で、様々な業務アプリケーションとの連携を実現している。複合機も新たなステージに移行しつつあるといえるだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

複合機/「複合機」セキュリティ大全」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「複合機」関連情報をランダムに表示しています。

複合機」関連の製品

文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】
文書管理 FAXサービス 統合ログ管理
簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

複合機」関連の特集


標的型攻撃の対策には多層防御と言われるが、限りある予算に悩むセキュリティ担当者は多い。有効な手段はと…



「えっ?コピーしたら真っ黒に」…これは最近のデジタル複合機のセキュリティ機能。情報漏洩を防ぐためデー…



「現場でのメリットが感じられない…」導入したものの、使われなくなってしまうこともあるSFA。今回は活…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

複合機/「複合機」セキュリティ大全」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「複合機/「複合機」セキュリティ大全」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001692


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ