この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「メールフィルタリングツール 掲載日:2006/04/10

メールフィルタリングツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
メールフィルタリングツールの実情
2
メールフィルタリングツールの基本機能
3
メールフィルタリングツール最新動向
1
メールセキュリティを考慮した製品選びのポイント
2
メールフィルタリングツール製品カタログ
1
メールフィルタリングツールシェア情報
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 メールフィルタリングツールは、企業におけるメールセキュリティの中核として徐々に導入が進みつつあり、これからますます本格的な導入が加速していくことだろう。今後の製品導入に備え、製品選びのポイントを学んでおきたい。ここで、製品選びのポイントを見ていきながら、製品カタログを紹介していく。メール全体のセキュリティを考慮した上で検討しておくことが必要だ。 メールフィルタリングツール

1 

メールセキュリティーを考慮した製品選びのポイント


■まずはメールの一元管理を議論せよ

 メールフィルタリングツールは、メールにおけるセキュリティの要ともなるべきものだが、まずは企業におけるメール管理をどのように行っていくべきなのかを考えておく必要がある。企業の社会的な責任を考慮するのであれば、すべてのメール情報を一元管理しておくことが望ましいはずで、各個人のメールを個人で管理するべきではない。しかし、多くの企業ではPOPを利用してサーバ上にメールを溜めない運用を行っており、メール内容の裁量は本人に任されているケースも少なくない。あるベンダーでは、IMAP4などを利用してメールの一元管理をまずは行うべきだと主張しているところもある。単にメールフィルタリングを検討するというよりも、情報の取り扱い基準を今一度整理したうえで、メールにおける情報管理の意味付けを再確認しておきたい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メールフィルタリングツール/メールフィルタリングツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールフィルタリングツール」関連情報をランダムに表示しています。

メールフィルタリングツール」関連の特集


富士キメラ総研によると2008年に向けて14〜19%程度の市場成長率が見込まれるメールフィルタリング…



62億5000万円規模と見込まれる2013年度の国内メールフィルタリングツール市場。シェア53.6%…



一度攻撃を許すと組織に多大な情報漏えい被害をもたらす標的型攻撃。ここ数年で大きな被害が報道されること…


「フィルタリング」関連の製品

サイトアンパイア 【アルプス システム インテグレーション+他】 機械学習+専門家の連携で実現、不要なアラートを出さない標的型攻撃の検出方法 【エフセキュア】 中堅・中小企業もターゲットに――標的型攻撃に対抗する「検知と対応」のススメ 【エフセキュア】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング
ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。 機械学習+専門家の連携で実現、不要なアラートを出さない標的型攻撃の検出方法 国内企業の35%がランサムウェアの被害を受けた。100%防げる対策は存在せず、「検知」と「対応」を見据えた対策が必要だがリソース不足の企業には負担だ。解決策は?

「フィルタリング」関連の特集


 前回と前々回でURLフィルタリングとウイルス対策の違いを説明した。今回はWebサイト閲覧の実体につ…



Webサイトを閲覧したら知らぬ間にウイルスに感染した。そんな困ったケースが増加中! 従業員と社内シス…



ウイルス・スパム・内部からの情報漏洩・・・。メールにまつわる課題を一気に解決できるメールフィルタリン…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メールフィルタリングツール/メールフィルタリングツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メールフィルタリングツール/メールフィルタリングツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30001687


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ