この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「電子帳票 掲載日:2006/04/03

電子帳票システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザーの声
1
電子帳票システムとは何か
2
電子帳票システムが今求められる理由
3
最新の電子帳票システムの機能と今後
1
電子帳票システム導入のポイント
2
製品カタログ
1
電子帳票システム ユーザーの声
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 「電子帳簿保存法」により、保管義務のある帳簿を電子状態で保管できるようになった一方、今度の「日本版SOX法」では財務関連情報に関するデータを後に監査可能な形で管理、保管しておくことが義務づけられるようになる。膨大な量に及ぶと思われる関連帳票を合理的・低コストに、しかも安全に保管して、必要な時に検索・利用を可能にするという課題に、現在の電子帳票システムはどう応えるのだろうか。今回は、膨大なホストシステムの帳票類を電子的に管理・運用する電子帳票システムの最新動向をお伝えする。 電子帳票システム

1 

電子帳票システムとは何か


 様々な企業活動の過程で生まれる「帳票」は、業務プロセスに組み込まれ、プロセス間や部門間の橋渡し役として、また業務処理結果や過程の記録として、さらにビジネスの状況を確認するためのツールとして日々活用されている。ホストシステムを擁するセンターでは、日々数万〜数十万ページに及ぶ帳票が出力されているケースも少なくない。
 運用にかかわる技術者であれば、この膨大な「紙」がこのままでよいのか?と考えてみたことが1度ならずあるはずだ。実際に、ほとんどの大企業では、紙の帳票を削減する対策をとってきているはずだ。その最も効果的な対策は「帳票の電子化」であった。



1-1

基本的なシステムのイメージ


 通常、レガシーシステムからの帳票は、元になるデータを一定の様式にのっとってレイアウトされたフォームで出力される。それを、例えば罫線などが予め印刷された専用用紙に印刷する場合もあるが、「フォームオーバーレイ」(単にオーバーレイとも言う)という罫線などだけのいわばテンプレートのようなデータを別に用意し、印刷時にデータと重ねることで、あたかも専用用紙に印刷したかのように罫線などの入った印刷を行うことが多い。
 その印刷用のデータを取り込み、データ変換してオープン系のサーバからクライアントに帳票データとして提供するのが電子帳票システムだ。プリンタ用のデータストリームをそのままエミュレートするものもあれば、帳票作成ツールがもつオーバーレイを引き継いで、レガシーシステムからはデータだけをもらって電子帳票化するツールもある。
 基本的な概念は、図1に見るような形(FiBridge IIの場合の例)である。帳票データは電子帳票システムにファイル転送され、各拠点に配信される。配信された帳票データはクライアント用のツールによって表示・検索・印刷などが行える。場合によってはPDF化するなどしてWebサーバを利用してイントラネットなどに公開される。


図1 電子帳票システムの概念(JFEシステムズのFiBridge IIの場合)
図1 電子帳票システムの概念(JFEシステムズのFiBridge IIの場合)
資料提供: AIT/JFEシステムズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

電子帳票/情報漏洩を防ぐ「電子帳票」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票」関連情報をランダムに表示しています。

電子帳票」関連の製品

Web対応電子帳票システムe-COOD 【日商エレクトロニクス】 電子帳票ソリューション「FiBridgeシリーズ」 【JFEシステムズ】 Pandora-AX 【 NTTデータビジネスブレインズ】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。 シリーズ製品の「FiBridgeII」は3000社以上の導入実績があり、10年連続シェアNo.1の電子帳票システム。超高速変換/検索、高い拡張性、充実のセキュリティ機能などが特長。 e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。

電子帳票」関連の特集


手軽に使えるモノからエンタープライズレベルのモノまで、機能レベル/価格帯とも充実のラインナップが用意…



毎年増える書類や機器類で、オフィスが狭い!と嘆いている人もいるのでは?限られたオフィススペースを、仕…



税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくる…


電子帳票」関連のセミナー

あらゆるニーズに応える帳票ツールCreate!Formご紹介セミナー 【インフォテック】  

開催日 11月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「思いどおりの帳票デザインがなかなかできない」「軽量なPDF帳票を生成したい」「複数の業務システムからの帳票出力を一元化したい」など、帳票設計と出力でお悩みの方…

電子帳簿保存法の現況解説・純国産RPAを用いた業務効率化手法 【エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズ/エヌ・ティ・ティ・データ・ウェーブ/エヌ・ティ・ティ・データ】  

開催日 11月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 「働き方改革」が叫ばれる現在、企業においても経営課題の1つとして、経営層やマネジメント層の頭を悩ませています。また昨今の電子帳簿保存法の改正により、国税関係書…

「Create!Form」ハンズオンセミナー 【インフォテック】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、1人1台のPCをご用意し「Create!Form Design」を実際に操作して帳票レイアウトの作成からテスト出力までを体験していただきます。「…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

電子帳票/情報漏洩を防ぐ「電子帳票」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電子帳票/情報漏洩を防ぐ「電子帳票」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30001683


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ